上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒートアイランド現象を緩和するためには

 相変わらず残暑の厳しい日が続いている。
とりわけ夜間の温度が下がらない熱帯夜が年々多くなる。
この傾向は都市部で激しいが、それはヒートアイランド現象によるといわれている。
昼間熱を吸収したコンクリートが夜間に熱を放出するから、夜の温度が下がらないのだ。
そこにエアコンの室外機の熱が加わるからよけいである。

 ただヒートアイランド現象を緩和する方法はある。
一つはコンクリートを減らし、植栽を増やすことだ。
もう一つは風の通り道を作り、自然のエアコンを効かすことだ。

 特に公共施設の庭などはできるだけコンクリートで固めるのではなく、土にし、そこに芝生を植えたり、植栽をすればかなり夜間の温度は下がるはず。
 例えば福岡市役所裏の西広場はコンクリートを剥いで芝生にすれば天神の温度はかなり下がるはずである。
窓側に朝顔を植えたり、打ち水イベントを1日だけするなどよりは、はるかに効果的である。
 吉田市長にもそれくらいのことは思い切ってしてもらいたいものだ。

 もう一つの風の通り道だが、福岡や東京は海からの風が内陸部に向かって吹いているので、道路を風の通り道に沿って造ったり、風を邪魔しないように建物を配置するだけで随分違う。
 これからの都市計画は環境配慮型にすべきだが、そうしたグランドデザインなしに造るからヒートアイランド化がますます進む。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

kurino

Author:kurino
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。