上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ福岡BMW(富士モータース)はヤナセに全株式を売却したのか。

 4月6日、BMWの正規ディーラー、富士モータース(株)(福岡市)がヤナセグループに全株式を売却し、ヤナセバイエルンモーターズ福岡(株)として再出発したが、このニュースは地場企業にある種の驚きを持って迎えられた。
 というのは、輸入車販売の中でも唯一好調なBMWの老舗販売会社が身売りしたからである。また、M&Aがここまで身近になったということに驚きを隠さない経営者もいた。いままでM&Aは大企業同士のもの、あるいは地場企業にはまだ縁遠いものと考えていたのが、地場の中小企業でさえその対象になる時代だということを思い知らされたからだ。

 通常、会社を身売りする理由はそう多くはない。
一つはその事業が赤字の場合だ。
もう一つは、その事業は黒字でも本業(他事業)が赤字で、本業(他事業)の赤字を補填するために売却するパターン。
3番目は経営者が高齢で、なおかつ後継者がいない場合だろう。

 富士モータースの場合はどのパターンになるのか。

    (略)

 栗野的視点
 なぜ福岡BMW(富士モータース)はヤナセに全株式を売却したのか(1)
 なぜ福岡BMW(富士モータース)はヤナセに全株式を売却したのか(2)
     ~一見好調に見える裏で苦しいディーラーの実態~

 と題して、2回に分けて連載。

  記事全文はリエゾン九州のHP内「栗野的視点」に収録


astyle ANAショッピングサイト

tag : 福岡BMW ヤナセ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

kurino

Author:kurino
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。