上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古い貯金通帳を解約

 引き出しの中から古い貯金通帳が出てきた。

12年間出し入れしていなかったから、このままにしておけば国庫に納入されてしまう。

国に「没収」されるぐらいなら国境なき医師団かユニセフに寄付した方がよほどマシだ。

というわけで解約に行く。

ただし、残金は3万円余り。

長年、使用していない通帳の解約手続きは意外と面倒で、まず口座を開設した支店に行く必要がある。

これは郵便貯金でも同じようだ。

必要なのは通帳、印鑑はもちろんだが身分証明書がいる。

口座開設者と解約に行く人物が別人の場合はもっと面倒だ。

口座開設者との関係を示す公的な書類が必要になる。

私の場合は12年前に他界した妻名義だったので、戸籍謄本などが求められた。

幸い通帳の残金が3万円余りと少額だったため比較的すんなりと事が運んだが、

これが死亡した親名義の通帳で、金額も3桁近く、あるいはそれ以上あると

相続人全員の印鑑がいる。

遺産相続は死亡後時間が経てば経つほどもめてくるのが一般的。

周囲が知恵を付けてくるからだ。

どんなに仲がいい兄弟姉妹でも結婚していれば伴侶がいるし、その縁者もいる。

こういう人達が欲に絡んで、あることないことを吹聴するのだ。



HABA ONLINE

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

kurino

Author:kurino
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。