上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレ朝のドラマが面白くない。

 なぜテレビ朝日は面白くないドラマを作り続けるのだろうか。
沢口靖子が出るドラマと、名取裕子が出るドラマのことだ。
前者は科捜研の女、後者は二言目には「主婦の勘」という検事が主役のドラマである。
どちらも酷いドラマだ。
酷いというのは、非現実的、ありえない構図ということだ。
テレ朝にはドラマ作りのプロはいないのかと思ってしまう。
こういうドラマがシリーズで何年も放映されるというのは、脚本家もいい加減なのだろう。

 例えば科捜研の女。
沢口靖子(演技が下手で、何に出ても皆同じような演技しかしない)扮する主人公のマリコは科捜研の1法医研究員なのに、自分の上司である所長もまるで同僚か部下のように使うばかりか、まるで捜査刑事のように振る舞う。
科捜研というのは科学捜査、つまり鑑識などから送られてきた材料を最先端機械を使って分析する所で、鑑識と違って現場に出ることなどありえない。
ドラマだから多少の粉飾はやむを得ないが、あまりにも事実とかけ離れた設定では見ている方も面白くない。

 なにより耐え難いのが沢口靖子の演技だ。
驚いたのはその沢口が出ているCM。
暗い表情で、一本調子な演技しかしない彼女が、どこかのCM(といっても出ているCM数は非常に少ないが)の中で、「大事なのは笑顔ですよ」と社員に言っていたのにはかなり違和感があった。
スポンサーはよくこういうCMを許したものだ。

 名取裕子は映画出身女優だからもう少しましかと思っていたが、TVドラマに出だしてからどんどん面白くなくなっている。
やはり人間易きに流れると演技も荒れてくる。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

kurino

Author:kurino
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。