上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金正日病死説を単純に信じていいのか・・・。

 昼食時にTVニュースが突然、北朝鮮の金正日総書記が病死したと報じ、特別番組を組んだ。
ただし、TV朝日とTBS系だけで、福岡で言えばTVQ、FBS、TNCは通常番組をそのまま放映していたが。
 TVQは端から期待していないが、TNCは西日本新聞系ではないかと思うので、もう少し機敏に対応してもいいのではと思ったが、西日本新聞は先頃九電に政治的配慮を加え、「原発や核燃料サイクルの安全性や必要性に疑問を投げかけた文章を削るよう求めた末に、本の出版は中止」(12月16日付け朝日新聞)したぐらいだから、常にスポンサー重視で、番組の変更は出来なかったのかも分からない。
 ついでに言っておけば、上記の出版は西日本新聞の方から著者に出版を持ちかけたものというから、中止に至る経緯に不透明感が付まとう。中止になったのは最終段階の社長決裁のようだというから、もしそうだとすれば政治的配慮以外の何ものでもないだろう。報道機関の姿勢としては明らかにおかしいというより、あってはならないことだ。
西日本新聞にジャーナリズムはないといっていいだろう。
 FBSも社内の人間が「うちは商社」と言っていたぐらいだから、ニュース番組に変えることは考えられないのだろう。

 まあ、TV局の姿勢は別にして、金正日総書記の死亡は北朝鮮の発表にあるように列車内での病死だろうか。
このニュースを耳にした時、即座に頭をよぎったのが中国の副主席(当時)林彪の死亡だった。
北朝鮮も高官の亡命や相次ぐ脱北者に経済危機などもあり、政権内は必ずしも一枚岩ではないように見受けられる。
不確か情報ながら、過去に金正日総書記の暗殺計画もあったようだし、病死説をすんなり信じる気にはなれない。

 後継者と目されている金正恩氏は見るからに権威はなさそうだし、年齢からいっても彼が全権を掌握するにはもう少し時間が必要だろう。
となると、その間の繋ぎに総書記の妹婿達が権力の座に座るのかもとも思うが、権力の座は蜜の味、一度座ったものがその椅子を手放すだろうか。
 いずれにしろ一波乱はありそうと思うが、果たしてどうか。
 一番気がかりなのは軍の一部によるクーデターではないかという危惧なのだが・・・。


テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

kurino

Author:kurino
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。