上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納得がいかない、カシオ電子辞書の壊れ方

 カシオの電子辞書EX-word DATA PLUS2(XD-LP7300)が壊れた。

”J”と”O”のキーボードが反応しなくなったのだ。

やむなく修理のためカシオに持ち込んだ。

原因はキーに反応する基盤の接触不良といわれた。

修理費は1万円をわずかに切る料金。

迷ったが4万円近くの金額で買ったと記憶していたので修理してもらうことにした。

ただ納得できないのは窓口の女性が発した一言だ。

「かなり前の機種なので部品が残っていないこともあります。その場合は修理できません」

 たしかに購入したのは5年前だ。

中国旅行に備えて中日・日中辞典が収録されているタイプを選んだので、広辞苑・英和・和英辞典中心のものより売価が高かった。

購入後、5年経ってはいるものの途中ほとんど使わず、使い出したのはこの1、2年。

それも頻繁に辞書で調べるということはなく、時々開いて調べる程度である。

つまり延べ使用年数にすれば1年か、それ以上行っても2年しか使ってない。

それなのにキーの接触不良が起こることに納得がいかない。

耐久性に優れたGショックのようなものを作っている会社なのに、だ。

一体この会社の本質はどっちにあるのだろう。

壊れやすいものを作る方か、それとも耐久性に優れたものを作る方か!

 調べてみると電子辞書も案外安いものが出ていた。

修理代に1万円近くを払うより、新しい物を買った方がよかったのではと、ちょっと後悔している。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

kurino

Author:kurino
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。