上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢丹が小倉から撤退し、井筒屋は重荷を背負うことに。

 伊勢丹が北九州市小倉から撤退する方針を固めた。
背景にデパート業界の再編成があるとはいえ、もともと伊勢丹の進出はあまり勝算がなかった。
 にもかかわらず、2000年に閉店した小倉そごう跡に出店したのはなぜ、ということだが、ひと言でいえば地元経済界のたっての頼みを受け、渋々出店したということだろう。
一度は玉屋デパートとの共同出店を持ちかけられ断っていることからも明らかだ。
それを最終的に出店に動かせたのは安い賃料。もし、景気がよくなればボロ儲けという「皮算用」も働いたかもしれない。

 しかし、「皮算用」通りにはいかなかった。政府の統計数字上は全国的な好景気が続いているこの国も地方経済はずっと悪いままで、消費は一向に上向かなかった。
04年2月に開業したものの以来ずっと営業不振のままだ。
しかも、02年2月に福岡市の老舗デパート岩田屋の実質破綻を受けて伊勢丹が経営再建に乗り込んできたが、こちらの方はその後も何かとマスコミにも取り上げられるなど話題になったが、小倉伊勢丹の方はほとんど話題になることもなかった。

 伊勢丹の小倉出店が戦略的に失敗だというのは、
   (以下略)

  ★ 続きは「まぐまぐ」「栗野的視点」からお読み下さい。

  ★「まぐまぐ」に購読登録してもらえば、毎回無料で届きます。

  ☆リエゾン九州のHP内「栗野的視点」でも読めます。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

kurino

Author:kurino
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。