上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンモクセイの香りが漂う季節

キンモクセイ  人は季節の移り変わりを植物で知ることは多いが、香りで知らせてくれるのがキンモクセイ。
キンモクセイ、漢字で書けば金木犀。
元々は中国の花らしい。
金木犀という文字には中国の貴婦人のイメージがあるが、カタカナのキンモクセイには甘い香りをイメージする。

 古来、貴婦人はいい香りを体中からはなっており、姿は確認できなくても香りで所在が分かったようだ。
また香りは人の脳を刺激し、いい香りはそれだけで人を虜にする力がある。
それ故、ヨーロッパでも香水が発達したのだが、日本人には欧米系の強い香りより、ほのかな香りの方が好まれてきた。
その中で唯一異なるのが金木犀の香りではないだろうか。

 ただ、風に乗って遠くから香ってくることが多く、姿は見えないのに香りがする、あるいは風の具合で香ったかと思うとすぐ消えるあたりにほのかさと同じものを感じていたのだろう。
 最後に俗っぽい言い方だが、美人は香水を付けなくてもいい香りがするというのは事実である。
美しさはそれ自体でいい香りを放つということだろう。
結局、人は外見より中身を磨き、中身から美しくなった方がいいということである。
そうすればその人が放つにおいはいい香りだということだ。


加齢臭、体臭が見事に消える急速分解消臭スプレー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

kurino

Author:kurino
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。