上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジサイの花色は土壌で変化する?

アジサイ2

アジサイ1
紫陽花は花の色が変わることから別名七変化とも呼ばれているが、その不思議さ故なのか色んな誤解、俗説がまことしやかに語られてもいる。
その一つに土が酸性なら青い花が、アルカリ性なら赤い花が咲くとか、phによって色が変わるというのがある。

 しかし、これは俗説だ。
実際には同じ土壌でも色とりどりの花が咲く。
上の写真を見れば分かるように、同じ箇所の隣り合わせに青と赤のアジサイが咲いている。
下の写真に至っては赤と青が混ざり合っている。
もし、土壌の酸性、アルカリ性でアジサイの色が変化するのなら、この現象をどう説明するのだろうか。

 このように少し考えれば分かることや、ちょっと調べれば文献に載っていることでも、俗説を書く本などの方が入手しやすいので、多くの人はそちらを信じるようだ。
 というか、土壌で変化すると説明することでアジサイの色の神秘性を出しているのだろう。

 アジサイの名前の由来は「集真藍(あづさあい)」。
集まった花と青藍色から付けられたらしい。(出典:「暮らしの歳時記」(講談社))
本来、日本産だが、後にヨーロッパに渡り品種改良された西洋アジサイが逆輸入され、近年は鉢植えなどで売られている。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

kurino

Author:kurino
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。