上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windowsタブレット、価格の違いは

 マイクロソフトがWindows8.1 with Bingを実質無料で各PCに販売しだしたため、昨秋から低価格ミニノートやWindowsタブレットが低価格で販売されるようになってきた。
この状況はかつてのネットブックの時に似ている。

 ネットとメールの閲覧程度にしか利用しないのならAndroidタブレットの方が軽くて速いからいいだろうが、便利さという点ではやはりWindowsソフトが動いた方がいい。
 8インチタブレットなら2万円を切る価格で手に入るから、ちょっと買ってみようかという気になる。
このサイズはこのところ各社から発売されだしたが、最安値はドスパラで、マウスコンピューターも2万円台半ばの価格だ。
ドスパラも新たに2万台半ばのタブレットを昨年末から発売しているが、スペックを見るとドスパラの1万円台の機種も2万円台の機種も同じ。
さらにいうならマウスコンピューターのタブレットも同じスペックだった。

 では、ドスパラの18,500円と23,130円の機種はどこが違うのか。
HDDに当たるストレージが16Gか32Gかの違いである。
タブレットは「ストレージの使用量が約半分になると急に重くなるので、できれば容量が多い方がいい。4000円の違いだから32Gの方を買っておいた方がいいと思う」とはドスパラの店員の言。
言われてみればその通りと納得。
大は小を兼ねるで、容量の少なさを我慢して使うより、わずか4000円の違いだから容量が多い方がいい、というのが実際に店舗に出向き店員と話した感想だ。


マウスコンピューター/G-Tune



欲しいのはウインドウズタブレット

 タブレットはたしかに便利。
Nexsus7を使っているが持ち運びしやすいし、寝転がってもベッドでも、どこでもすぐスイッチを入れて使えるのがいい。
インターネットを見たり、メールをチェックしたりするにはこれで十分だ。
そのほかには、そのほかには・・・・毎日新聞ビューアーで新聞を読んだり、カレンダーでスケジュールを確認したりと大活躍・・・・というかそれぐらいにしか活用していない。
 もしかするともっと使えるのかも分からないが、文章を書くのはPCでするし、デジカメ写真のチェックやブログ等への投稿もPCでしている。

 なぜかって?
Nexsus7にはSDカードスロットがないからデジカメで撮った写真を読み込めない。
またAndroidでは「筆まめ」や家計簿ソフトが使えない。
要はWindowsで使い慣れたソフトが使えないのが一番の問題だ。
たしかに文章を書く時に使っているエディターなどはデータさえ読み込めればWindowsであろうがAndroidであろうが関係ないだろう。
 しかし、住所録ソフトのデータには互換性がなければ困る。
同じことは日記帳にしているソフトについても言える。
一からすべてを移し替えるのは労力だけでも大変だ。
 システムをすべてAndroidにしてしまうならそれでもいいが、Windowsを全く使わない環境は考えられない。
あくまでWindows中心、Androidサブ的な使い方になるのが大半の人だろう。
 そうなるとネットの閲覧だけにAndroidタブレットを使うのはムダのような気がする。
その程度ならスマホでも十分だからだ。
 というわけで、Nexsus7を持ってはいるものの、わざわざPCを起ち上げるほどでもない時ぐらいしか出番がなくなっている。

 希望はWindowsソフトの読み書きができるタブレットだ。
この条件に合致するのがマイクロソフトのSurface。
これは買いだ、と思ったが何分価格がこちらの希望と合わない。
500GのHDDを備えたノートパソコンでも6万円そこそこで買っているのに、7~8インチのタブレットでHDDもないものに10万円近い金額を出す趣味は持ち合わせていない。
せいぜい2~3万円だ。
5万円以上出すなら迷うことなくノートパソコンを買う。
今使っている11インチのノートパソコン(Windows8.1)は4万円そこそこで買っている。
携帯性は十分だし、作業はこちらの方がはかどる。
だから価格がこれと同じか、それより安ければ買いたいけど。

 そう思っているとピッタリのタブレットを見つけた。
Windows8.1搭載で2万円を切るタブレットをドスパラが発売していたのだ。
税抜きで18,500円、サイズは8インチ、しかもマイクロSDカードスロット、マイクロHDMI接続端子まで備えている。
年末に買おうと出かけたが、15.6インチのノートパソコンの方を買ってしまった。
理由は使っていたノートパソコンの調子が悪くなったからだ。

 ところがこのところドスパラから野心的なタブレットが次々に発売されている。
8インチの23,130円(税抜き)、8.9インチの27,760円(同)、10.1インチの37,980円(同)
タブレットとしてもノートパソコン代わりとしても使うなら8.9インチがいいかもしれない。
個人的にはそう思っている。








福袋の狙い目はこれ! カメラのキタムラ

 買い物はこちらが買いたい時に買うより、ショップが売りたい時に買うのが利口な買い物の仕方。

例えば観光地でも週末は人が混んでいるからと避けて平日に行く人がいるが、人混みに邪魔されずゆっくり見たい時はその方がいいだろう。
ただし、その場合、各種イベント・アトラクションやサービスは期待できない。
サービスを期待するなら相手が売りたい時に行った方がいい。
そうすれば同じものでも安く買えたり、セット割り引き販売がある。

 こうした楽しみの一つが「福袋」。
昔は中身が全然分からず、買ってからのお楽しみというやり方だった。
それはそれで袋を開けるまでのドキドキ感があったりで楽しいが、自分にとって不要な物が入っていたりすれば、その分得どころか損をしたような気分になる。
その点、最近は中身が分かるようになっているから助かる。

 例えばカメラのキタムラが元旦になった瞬間からネットで福袋の売り出しをしているが、私が見た感じ(自分の個人的な好み)で言えば、
ソニーα5000のセット、キャノンEOS Kiss X7ダブルズームキットセット、オリンパスOM-D E-M10セットが買いだろう。

 ソニーα5000はSDHCカードの規格がCLASS10と書き込み速度が速く、容量も8GBと大きいのが特徴。
安いSDカードではCLASS2とか4というのがあるが、数字が小さいほど書き込み速度が遅いので、いくら安くてもいまどきCLASS2は買うべきではない。

 レンズセットはダブルズームセットを買っておいた方が絶対いい。
レンズは後から買い足そうと思うと結構高いから、最初からダブルズームで買っておいた方が後悔しないし、賢い買い方だ。

 キャノンのEOS Kiss X7は一眼レフを使いたいけど重いのはどうも、という人にはうってつけの一眼レフカメラ。
絞りを開けて(数字を小さくする)写せば、バックをぼかす写し方ができる。
このカメラはキャノンの戦略的カメラで価格は安いが性能は妥協していないので、侮ってはいけない。

 オリンパスOM-D E-M10は一眼レフではなくミラーレス一眼カメラ。

 個人的にはEOS70Dの福袋が欲しかったが・・・・。





カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

kurino

Author:kurino
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。