上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま行なっているTPP論議は間違っている。

 いま行なっているTPP論議は決定的な間違いがある。

輸出か国内農業保護かという議論になっているが、そうではない。

「アジアの熱気を日本に取り込む」と民主党は言っているが、中国が参加しない(参加する見込みが薄い)TPPで、

どうして「アジアの熱気を取り込む」ことができるのか。

なにより重要なのはデフレと世界通貨の関係の視点が抜けていることだ。

この視点を欠如したままの議論は国民を欺くだけである。

 詳細は「まぐまぐ」から配信している「栗野視点」で「TPPを考える場合に重要な視点は?」と題して

6回に渡り書いているので、そちらを一読頂きたい。


「TPP」って、なんのため?

 今回は「TPP」に関する話題です。

 日本の農業をダメにした張本人と言うのは言い過ぎかもしれませんが、その片棒を担いだのがJA系と農機具メーカーだと、私は考えています。

 もし彼らに少しでも反省の気持ちがあれば、TPPに関して意見を述べるべきだと思い、彼らに私が「まぐまぐ」から発行しているメルマガ「栗野的視点」への投稿を呼びかけましたが、彼らからの投稿はありませんでした。

 今回投稿があった梅村制作室の梅村幸平氏は編集事務所を経営している方で、その一方で都市と農業を結ぶユニークな活動を続けています。

 問題にどう向き合うかはその人の生き方の問題、哲学の問題です。

持てる者は持っているものを守ろうとします。

持たざる者は他者に手を差し伸べようとします。

富者は他人から奪うことを考え、貧者は他者と分かち合って生きようとします。

過去にも何度か触れましたが、ボランティアや寄付をする人は持たざる者です。

 さて、以下は梅村氏から寄せられた投稿です。

  全文は「まぐまぐ」でお読みください。
  ~~~~~~~~~~~~~~~

 まぐまぐ」に登録すれば、毎回無料で記事が届きます。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 登録は下記から
  http://archive.mag2.com/0000138716/index.html







テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

植物も戸惑う気候

彼岸花の咲く丘とパラソル

 近年は異常気象が当たり前のようになっているが、今年の気候もおかしい。

猛暑日は少なかったが、平均して夏は暑く、残暑も続いた。

かと思えば一転して一気に秋が深まり、このまま晩秋かと思うと、

一夜明ければ今度は25、26度の気温。

これでは植物もたまったものではなく、

今年の彼岸花は少なくとも西日本はあまりきれいではなかった。

早咲きの花が枯れているかと思えば、まだ蕾みの花があったりと。

やはり足並みを揃えた方がきれいだ。

山道で牡鹿に遭遇した。

牡鹿
 美作市作東地区から岡山県和気に向かう県道46号線を走行中、前方に立派な角を生やした鹿に遭遇した。

場所は角南地区。

山道とはいえきちんと舗装されているし、人家が途切れて100m近く上った辺り。

道の中ほどに牡鹿がこちらに顔を向けて立っていた。

たまたまゆっくり走っていたこともあり、20mぐらい手前で止まったが、鹿は動じることもなく悠然とこちらを見たまま動かない。

さて、相手が動かないとなると、こちらはどうするか。

そのまま進んで鹿にぶつかるのも嫌だし、鹿がこちらに向かってきても困る。

というわけで、しばらく互いに見合ったまま金縛りに近い状態。

そうだ、写真に撮らなきゃあ、と思い直し、横に積んでいたカメラバックから一眼レフを取り出し、

そっと外に出た。

そこまでは鹿も動く気配なし。

ところが車のドアを閉めたとたん動き出し、あっという間に左手の茂みの中に消えてしまった。

結局、撮影できたのはこの1枚。

それにしても鹿が最近出るようになったという声は聞いていたが、いままでまさかと思っていた。

熊も出るらしいから、熊と遭遇しなくてよかったが、それにしても間近に鹿を見たのは奈良以外では初めてだ。

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

kurino

Author:kurino
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。