上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旨い酒造りにこだわる6代目の挑戦(1)

蔵の復活に向けて

 よく、こんな状態でやってこれたもんだ。会社の体を成していないではないか。
蒲池輝行は会社の現状を知れば知るほど呆れていた。
それでも一人ひとりがいい腕を持った職人だったのがせめてもの救いだ。
そう感じていた。
一体何から手を付ければいいのか。
やらねばならないことが多すぎて、どこから、どのように手を付ければいいのか思案に暮れていた。
まるで下手に駒を動かすと全部が崩れてしまう将棋崩しのように思えた。

 社業を継いでいた兄が突然倒れ、帰らぬ人となったのが4年前。まだ50歳。逝くには早すぎた年齢だ。
「兄が販売を、私が技術の方をやり、兄弟力を合わせて父の仕事を手伝いたい」
小学校の作文にそう書いたことを昨日のことのように思い出していた。
「兄弟仲良く酒屋をやっていくんだよ」
当時、祖母からはいつもそんな言葉を聞かされていた。
それがこんな形で継ぐことになろうとは予想もしなかった。

 慌ただしく数日が過ぎた頃、会長でもある父、勵(つとむ)に呼ばれた。
「お前にはお前の人生がある


  続きを読む









麦の芳ばしさ「ちくご胡坐(あぐら)720ml」 池亀酒造 こだわりの麦焼酎
麦の芳ばしさ「ちくご胡坐(あぐら)720ml」
1,260円

世の中には2種類の人間がいる(1)

 どうも世の中には2種類の人間がいるようだ。
人を欺す人と、人を信じる人。
人を利用して生きていく人と、人に協力する人。

 いままでは明らかに後者のタイプが多かったが、最近は前者のタイプが増えてきているような気がする。
この1、2年の間に人の善意を利用するだけして、後は知らんぷりという人に2人も会った。

 1人は熊本県でアガリクスを栽培販売している人、
もう1人はすこやかコミュニティーセンターというNPO法人で竹の粉末入り石鹸を販売している女性。

 両者とも販売面で苦労しているようだったからプロジェクトチームを組んでボランティアで協力した。
特に力を入れたのが商品コンセプトの確立だった。
ここがいい加減だと、その後ブレるからだ。
両方とも健康に関係した商品だけに、コンセプトをしっかり確立することが、小手先の販売テクニックなどよりはるかに重要だと考えたからである。

 最初話を聞くと両者とも使える資金が全然なかったので、出世払いでいいからと、我々は手弁当で各人が自らの時間と知恵を提供した。
 とはいえ、全くの手弁当というわけにはいかないので、我々のルートで売れたものに関してはマージンをもらうということを約束した。
 さらに、売上高がある数字以上になったときには、約束の顧問料をもらうことにした。
これが出世払いの内容である。

 ところが、一番重要なコンセプトやネーミング、形態が決まった途端、もう結構ですとBプロジェクトの相手、竹石鹸の開発・販売をするNPO法人の女性から辞退を申し出られた。
この後は販売に力を入れたいからそれは自分達でやります、とメールで。

 これにはビックリした。
普通はまず会ってお礼を言い、しかる後に今後は・・・というように話すのが一般的だ。
常識を知らないというか、人の善意を利用して生きてきたタイプなのか、とにかくそれっきりだ。

 その後現在に至るまでも、お陰でこんな石鹸ができました、という挨拶もなければ、私含めメンバーの誰も現物すらもらってない。

 うかつといえばうかつだった。
思い返してみればそれらしい兆候は最初からあったのだ。
会ってすぐの頃から自分が属するNPO法人の理事長の悪口ばかり言っていた。
それでよほど物わかりの悪い理事長なのかと思って会ってみると、至って常識人だった。
元大学の名誉教授だから多少世間を知らないということはあったかもしれないが、彼女の話しの方がおかしいように思えた。
 本来なら、この時に気付くべきだった。

 それからしばらくして、NPO法人の理事長から辞めますという連絡が来た。
あとは彼女が理事長になるという。
今後の方針を巡って対立したのですかと聞くと、まあ、そんなところですという返事だった。
 理事長は私が初めて会ったときから、NPO法人の事業の極一部として竹石鹸の開発・販売を行うが、NPO法人本来の事業内容、健康に関するセミナーなどを中心に据えて行うべきだという考えを持っていた。

 それに対して女性の方はそこから自分の収入を得る方法として竹石鹸の開発販売を行いたい。
やれるものなら株式会社でやりたいけど、自分に資金がないからNPOの金でやるというような考えだった。

 なんともいやはやだ。
こういう人はこれから先も人の善意を利用しながら生きていくに違いない。
今年は善意をかける相手を見間違わないようにしなければいけない。



 <ANA DESIGN>スーパーサイレントキャリー音無旅子(おとなし りょうこ) 色は各種あります。( Q0013969406)
【マイルが3倍!】機内持込OKサイズ!徹底的に「静かさ」にこだわったキャリー『音無旅子』。あのガラガラ音とサヨナラ!

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

kurino

Author:kurino
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。