上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

字を読めることが邪魔をする。

 自分の生まれ故郷で、いまもそこに住んでいるのに地名を読み間違う、というと、そんなバカなと思われそうだが、私の母がそうだ。
岡山県北で宮本武蔵が生まれた地域で知られる「美作」地方。
「みまさか」と読むのだが、母は何度教えても「みまさく」と発音する。

 JRの駅の名前にも「みまさか○○」と付いているし、市町村合併で自分達が住んでいる町が新しく「美作市(みまさかし)」になったのに、相変わらず「みまさくし」と呼ぶのだ。
 県内でも他地域の人が「美作」を「みまさく」と発音するのは分かるが、そこに住んでいる人達が古くからの地名を誤発音するのはなんともおかしい。

 こんな誤発音をするのは母だけだと思っていたら違った。
近所の酒屋さんへ酒を買いに行った時のことだ。
美作大学と産学連携で作られたという焼酎があったので、「美作大学(みまさかだいがく)」はどの辺にあるのかと尋ねたところ、「みまさく大学は・・・」と場所を教えてくれた。
おい、おい、あんたも「みまさく」と発音するのか、とガッカリしてしまった。

 ところで、なぜこんなことが起きるのだろうか。
二人とも高校を卒業しているから学がないわけではない。
むしろ逆で、字を読めることが邪魔をしているのだ。
字が読めなければ耳から入った言葉を素直に発音する。
それがなまじ字が読めるものだから、耳から入った音ではなく、目から入った文字を読むのだ。

 日本人の英語の発音がブロークンなのと同じ現象である。
明治時代の文豪は「Coffee」を「珈琲」と書いた。
我々は「珈琲」という文字を見て「コーヒー」と読んでいるが、漢字の発音としては「かひ」だろう。
そう欧米人が「カヒー」と発音するのを聞いて、その発音に最も近い文字を当てはめたのだ。
これは中国でも同じで「かひ」となっている。

 では、なぜ、いま「コーヒー」と書くのかといえば、戦後の英語教育でアルファベットが読めだしたから、「Coffee」を耳から入った言葉ではなく目で読む言葉(ローマ字読み)で発音しだしたから「コーヒー」になってしまったのだ。

 それにしても母の「みまさく」発音は「みまさか」と注意した直後に、また「みまさく」と発音するから、もう完全にお手上げである。



年賀状の文面

 年賀状の文面に「明けましておめでとうございます」とか「謹賀新年」と書かなくなって10数年になる。
代わりに毎年、その年を予感させる言葉や、経済・経営の課題を書いて出すようにしている。
この言葉を考えるのに数日かかる。
考えるというより、言葉が熟成されて出てくるのを待つという方が正確かもしれない。
言葉が浮かんでくるまで待つのだ。

 昨年の年賀状は「危険な時代の幕開け」とした。
それに続けて次のように記した。

「美しい国」という掛け声とは逆に、醜さばかりが目立った一年でした。
もはや企業経営から「哲学」や「理念」は崩壊し、誰も彼もが自分のことしか考えてないように見えます。
 「哲学」が崩壊した後に待っているのは「危険な時代」の幕開けです。
   (以下略)
 と。

 どうやらこの言葉は当たったようだ。
食の偽装が相次ぎ、大企業から老舗企業まで消費者を騙すのは当たり前といわんばかりのことが横行した。
 官僚はずさんな年金記録に使い込み、接待付け、政治家はますます持って信用できないという、世はまさに末の様相で1年が終わりそうだ。

 こうした動きに拍車をかけたのがアメリカを中心とした「新自由主義」という考えで、日本で忠実に実行したのが竹中平蔵とブッシュの忠犬ポチこと小泉元首相である。
 しかし、ポピュリズム(大衆迎合主義)の彼は妙に国民に支持された。
騙されているとも知らずに熱狂した国民はいま格差の被害者になっているのに、それでもまだ格差はあって当然と言っている人達がいる。
もはやどんなに頑張っても自分の力では浮上できないのに、まだ頑張れば報われるのだと思わされているところに、新自由主義信奉者の怖さがある。




伊勢丹が小倉から撤退し、井筒屋は重荷を背負うことに。

 伊勢丹が北九州市小倉から撤退する方針を固めた。
背景にデパート業界の再編成があるとはいえ、もともと伊勢丹の進出はあまり勝算がなかった。
 にもかかわらず、2000年に閉店した小倉そごう跡に出店したのはなぜ、ということだが、ひと言でいえば地元経済界のたっての頼みを受け、渋々出店したということだろう。
一度は玉屋デパートとの共同出店を持ちかけられ断っていることからも明らかだ。
それを最終的に出店に動かせたのは安い賃料。もし、景気がよくなればボロ儲けという「皮算用」も働いたかもしれない。

 しかし、「皮算用」通りにはいかなかった。政府の統計数字上は全国的な好景気が続いているこの国も地方経済はずっと悪いままで、消費は一向に上向かなかった。
04年2月に開業したものの以来ずっと営業不振のままだ。
しかも、02年2月に福岡市の老舗デパート岩田屋の実質破綻を受けて伊勢丹が経営再建に乗り込んできたが、こちらの方はその後も何かとマスコミにも取り上げられるなど話題になったが、小倉伊勢丹の方はほとんど話題になることもなかった。

 伊勢丹の小倉出店が戦略的に失敗だというのは、
   (以下略)

  ★ 続きは「まぐまぐ」「栗野的視点」からお読み下さい。

  ★「まぐまぐ」に購読登録してもらえば、毎回無料で届きます。

  ☆リエゾン九州のHP内「栗野的視点」でも読めます。





JALグアム行き便で他人の食べ残し機内食を出される

歯形の付いた豚肉の空揚げ提供 日航系旅客機の機内食(共同通信) - goo ニュース

 最近、食の安全・安心がことごとく脅かされているが、ついに機内食も疑って食べなければいけない時代になったようだ。

 成田発のJALグアム行き便で他人が食べ残した機内食が出されたというのだから酷い。
幸い、気付いた母親が注意して、男児は食べずに済んだからよかったが、これはあきらかに女性客室乗務員の確認ミス。

 それにしてもなぜ、こう次から次にミスが起こるのだ。
もう少し基本的な確認をきちんとして欲しいものだ。
今回は機内食ぐらいでよかったが、もしこれが飛行に関する重要な確認ミスだったらと思うとゾッとする。


astyle ANAショッピングサイト

相撲、ボクシング、反省しない人々の懲りない態度

 今年の後半は反省と、喉元過ぎればなんとやらの相変わらず懲りない態度が横行した。
その筆頭は亀田一家だろう。
人を人とも思わないような態度でマスコミに「HERO」的に祭り上げられ(祭り上げた張本人はTBSだが)頭に乗っていたが、タイトルマッチ戦での無様な試合を批判されると一転反省した振り。
しかし、本性はそう簡単に変わるものではなく、頭を下げて反省した振りをして批判の嵐が頭上を通り過ぎるのを待っていただけ。
少し嵐が収まりかけると、大毅、興毅の態度は元戻り。
まあ、この国の最近の国民は弱いものイジメとお祭り騒ぎが好きなだけだから、仕方ないといえば仕方ないというか、この程度だろう。

 ところで、反省の素振りすら見えないのは相撲協会と高砂部屋だ。
昨日(21日)、横綱審議委員会の内館牧子委員が高砂部屋を抜き打ち的に訪れると横綱朝青龍は稽古を欠席。高砂親方は内舘委員を無視して挨拶もせず、途中退席。
 ことさら礼節を重んじる相撲協会でこんな礼儀も知らないような親方だから一門を代表する理事にも再任されなかったのはよく分かる。

 朝青龍に至っては言語道断で内舘さんならずとも怒るのは当たり前。
この男は元々反省などしてないし、反省する素振りさえ見せていないのだから亀田大毅以下だろう。
元はといえば朝青龍をそうしてしまったのは親方の高砂で、親方失格である。
こんな親方の元では次の力士が出てこないし、部屋の存続そのものも危うくなる。
いっそ九州場所を最後に46歳で現役力士を引退した一ノ矢(本名松田哲博)さんを親方にして部屋経営を任せてみたらどうだろう。
それができなければ高砂部屋は解体して、所属力士は一門のほかの部屋に移してみてはどうか。



佐世保銃撃事件の真相~明らかになってきた動機、目的

 佐世保のスポーツクラブで2人を銃殺、6人を負傷させた銃撃事件の真相が段々分かってきた。
当初は同級生などを道連れに自殺しようとしたのではないかとか、仲のよかった同級生の藤本さんを狙ったのではないかとかいわれたが、どれも納得できる説明ではなかった。
 ところが、馬込容疑者がスポーツクラブに入ってからの足取りや1発目の銃弾をどこで発射したかなどが徐々に明らかになり出すと、その真の目的が分かってきた。

 事件の構造は単純で、逆にいえばそれだけ恐ろしいのだが、一方的な恋愛感情によるものだった。
インストラクターの倉本さんに一方的に恋愛感情を抱き、それが伝わらないと、今度は逆に憎しみを抱き、殺害を目的に銃を持ってスポーツクラブに入ったのだった。
 銃を撃ちながらクラブに入ったのではなく、倉本さんがいるプールサイドに行き、倉本さんを狙って最初の銃弾を発射。
そして逃げる彼女を追って事務室で射殺したのだ。

 では、呼び出された同級生達はなんの目的でといえば、この銃撃を見せるためだったようだ。
「俺は大きなことができる」と同級生に言っていたらしいが、「大きなこと」とはこのことで、「お前達とは違う」ということを見せたかったのではないだろうか。
恐らく同級生達と違って仕事もしていない自分にコンプレックスを抱いていたのだろう。
その裏返しが「大きなこと」=誰もしないこと=銃殺という形で短絡的に表現したと思われる。
 同級生の藤本さんは、プールで銃を発射した後倉本さんを追って事務室に行く馬込容疑者を止めようとして撃たれたらしい。

 それにしても不気味なのは最近この種の事件が激増していることだ。
犯罪のアメリカ化というか、アメリカで起きている銃犯罪と酷似した事件が先進国で同時多発的に起こっているのが気になる。
 それらに共通しているのは動機を明らかにしてないということと、無言でいきなり銃を撃っているということだ。
 日本も本腰を入れて銃規制を考えなければならない時代のようだ。


佐世保で銃乱射事件

 14日(金)午後7時10分頃、長崎県佐世保市のスポーツクラブルネサンス佐世保で銃の乱射事件があり、1人死亡、1人心肺停止状態、6人が負傷した。

 佐世保は米軍基地の街なので、佐世保で事件と聞くと最初に頭を過ぎるのは米軍による殺人もしくは婦女暴行だが、今回は少し様子が違った。
 銃が使われたと聞き、このところ九州で連続発生している暴力団の抗争かと思ったが、それにしては死傷者が若い人ばかりというから、少し違うのではないかと思う。
 それに使用された銃も散弾銃らしいというから、暴力団というより素人のような感じがする。過去の例からして暴力団員が子供だけを狙って乱射した話は聞いたことがない。
それよりもアメリカのスクールで過去何度か起きている銃乱射事件に近いものを感じる。

 それにしても事件発生場所は佐世保市役所の近くで、住宅街の中にあるスポーツクラブというではないか。
まさかこんな場所で、というのが皆の正直な気持ちだろう。
こんなところで無差別に銃を乱射されたら堪ったものではない。
おちおち街も歩けないし、スポーツクラブにも行けない、となると安全な場所はどこにもないことになる。


astyle ANAショッピングサイト

当初見込みが外れたボンラパス花畑店

ボンラパス ボンラパス花畑店がオープンして4か月あまりが過ぎたが、当初の見込みに反して集客、売り上げ共に苦戦しているように見える。
一つは平日と週末の集客に落差がありすぎたこと。
もう一つは当初想定したターゲット層の来店が週末に集中し、平日には少なかったことが影響しているようだ。
 たしかにボンラパスは既存の食品スーパーとは異なり、こだわりの商品を置いているため価格が少し高めということもあり、同店のような業態は認知されるまでに多少時間がかかるというのは分かる。
 ただ、業種のいかんを問わずスタート時にある程度の勢いがなければ後が続かない。もちろん、徐々に勢いをつけてくるものもあるが、一般的には少ない。
それだけに平日集客の見込み違いは大きいだろう。
ボンラパスの経営陣もそのことに気付いており、すでにいくつかの見直し、手直しが行われていた。

                 (以下略)

  ★ 続きは「まぐまぐ」( http://www.mag2.com/)からお読み下さい。

  ☆リエゾン九州のHP内「栗野的視点」( http://www.liaison-q.com)
   でも読めます。




tag : ボンラパス

「RIMOWA」のキャリーバッグがANAオリジナルモデルに


「RIMOWA」はドイツのバッグブランドで、最近、世界中でファンが急増している。
中でも人気が高いのがアルミニウム合金のビジネストローリー。
このモデルをANAが同社とコラボしてオリジナルモデルに!

大型2輪キャスターとスムーズな引き手の他、パソコン収納など機能満載。
世界の航空会社も合わせてまだ数例しかない稀少なWネームトローリー。
23リットルの容量ながら、重さはわずかに3.9kg。
まさにビジネスマンのスーツケースというにふさわしいキャリーバッグだ。

し・か・も、マイルをためている方には嬉しい【3倍マイル!】という。
発売は12月6日。

嫁1人に婿2人--なぜそんなにモテるベスト電器

 最近、九州の女は大柄、小柄を問わずよくモテるようだ。
中身はさほどなくても、遠目にはいい女に見えるのか、それとも持参金の多さを期
待してのことなのか、あるいは親類縁者に魅力があるのか分からないが、なぜか九
州の女は東男によく持てる。
 好いた、惚れたといわれ、結婚したのはいいが、しばらくしてポイ、なんてこと
にならなければいいがと思うのは、持てない男のひがみだろうか。

 1年前には紳士服のフタタがアオキとコナカからラブコールされ、最終的にフタ
タは嫁ぎ先にコナカを選んだのはご存じの通り。
 いま同じ立場にあるのがベスト電器。
ラブコールを送っているのはヤマダ電機とビックカメラ。
最初にラブコールのサインを出したのはヤマダ電機だったが、ベスト電器は後から
サインを出したビックカメラと先頃結納を交わした。
しかし、ヤマダ電機はまだ諦めていない。
来年5月の株主総会の時に何らか仕掛けてくるのはほぼ間違いないところだが、一
体ヤマダ電機はベスト電器のどこに魅力を感じているのか。

 一方のビックカメラも最近は地方都市に攻勢をかけており、11月下旬には岡山駅
前に大型店を出店した。

 ビックカメラもヤマダ電機もついこの間まではベスト電器の競合相手である。
家電量販店はいま大きな再編の波をかぶっているが、実は以前、ベスト電器はエデ
ィオングループと統合する動きがあった。
それを蹴って自主独立に走ったはずだったが、一転、今回の統合。
かつては売り上げ日本一を誇った時代もあったベスト電器。
その同社のどこに弱点があったのか。

 詳細は当日、会場にて。

             --記--

●日 時:12月15日(土) 13:30 ~ 17:00

●場 所:農民会館(中央区今泉1-13-19)3F
       ビックカメラ(西鉄電車高架下)の裏
      1.西鉄今泉ビルの所の辻を、国体道路を背にして右へ入ると左手。
      2.国体道路・警固神社前の信号から今泉側へ入り、最初の辻を左。

●内 容:
1.勉強会「ベスト電器は生き残れるか」
    講師:ジャーナリスト・栗野 良

●例会参加は誰でも自由です。
  参加費用:会員・非会員共に1,000円。
 
●例会後、懇親会を予定しています。
   予算3,000円程度。

●例会・懇親会とも参加申し込みは事前に!


~長崎県対馬特産品~ <<海の幸5品 お試し限定品セット>>


ニラの入らないもつ鍋なんて

 6日の夜、コルゲート加工などの特徴的な加工技術を持つ金属加工専門工場(有)スナミ製作所(岡山市藤崎)の角南社長と同社近くのもつ鍋専門店で食事をしながら様々な問題について意見交換をした。

 角南社長と知り合ったのは2か月前の10月が初めてで、岡山県産業振興財団主催の交流会で私が講演した時だった。
翌日は土曜日だったが、急に電話して会社を訪問したい旨話すと快諾いただき、3、4時間同社で時間を過ごした。
この時以来、なんとなく馬が合うというか、もともと私自身、職人タイプが好きだったので、今回も事前アポなしに急に電話して夕方から時間を空けてもらったのだった。

 そのもつ鍋専門店で出てきたもつ鍋というのが少し変わっていた。
もつの量は多いのだが、野菜がキャベツにニラ、もやし少々だった。
野菜の量が少なすぎるのだ。
なかでもニラはネギではないかと思うような感じで、ほんの一つまみほど申し訳程度に置かれていた。

 ニラのないもつなんて、「クリープのないコーヒーみたいなもの」(昔CMで流行ったが、ちょっと古すぎたか)で、ちょっと物足りない。
物足りないといえば、ニラの量はもちろんだが、豆腐もなかった。
もつ鍋も地方地方のやり方はあるだろうが、一時期国内で大流行しただけにニラがこんなに少ないもつ鍋はちょっと珍しかった。

 もともともつ鍋は安い食べ物で、昔は廃棄処分していた「もつ(内臓)」と安い野菜のニラを大量に入れるのがコツ。
それなのに安いニラをケチってどうする。
第一、大量のニラが鍋をおいしくするのだ。
 ただ、どうやらここの店長はじめ従業員は誰ももつ鍋についての詳しい知識(?)を持ち合わせていないようだったので、少しアドバイスしておいた。
これで同店のもつ鍋も今後少しおいしくなるに違いない。



アプライドの面白さ

 日曜日、久し振りにアプライドに足を運んでみた。
少なくとも2、3年振りではないだろうか。
同店に寄らない理由は目玉商品をチラシに打つ割には販売数量が3個とか5個限定みたいな、まず入手不可能で、本当にその価格で買えた客がいるかどうかさえ分からないやり方が嫌いだからだ。

 ところが今回は数量限定なしで、1GのUSBメモリーを997円とチラシに謳っていたので、つい釣られて行ってみた。
まあノーブランドに近いようなメーカーだったが、デジタル商品はアナログ時代のように技術の差があまりなくなっているので、これは買いだと思い、2個買ってしまった。
ワゴンの中の残りが少なかったから、つい。

 デジタル商品はヤマダ電機の独り勝ちで、アプライドが生き残る余地はほとんどないだろうと思っていたが、久し振りに同店に寄って、改めて見直してみるとアプライドのある魅力に気付いた。

 秋葉原にあるようなある種怪しげなジャンク品、掘り出し物を買う楽しさがアプライドにはあるのだ。
考えてみるとヤマダ電機やビックカメラ、ヨドバシ、(ついでにベスト電器も)などの進出でパーツを売る店が減ってしまった。
アプライドはいまでもパーツを扱っているし、自作パソコン派には必要な店だろう。

 またこうしたパーツやジャンク品のような商品が動くかどうか確かめるのもメーカー品とは違った面白さがある。
ただし価格が許容範囲内であることが条件だが。


EIZOダイレクト

生活関連品の値上げを実感

 今秋以降、石油製品の値上げでインスタントラーメンを始め値上げが発表されていたが、実感するのはガソリン価格の値上がりぐらいだった。
ほかの商品は小売業の努力で卸価格をそのまま小売価格に転嫁されずに来たが、ついに12月からガソリン価格、タクシー料金、食品など続々と生活関連商品が値上がりしだした。

 まずはっきり分かったというか、直接自分の生活に影響したのが毎朝食べる食パン価格だ。
いつもリョーユーの「ルヴァン」を買っているのだが、なんと20円も値上がりしていた。
この値上がり率は大きい。
小売価格170円が190円になるのだから11.7%の値上がりだ。
スーパーの安いところで148円だったのが168円。
150円以下か以上かというのは、実際の価格以上に値上がりを意識させる数字だけに、「わー、値上がりした」という驚きの感情を伴う。
 値上がりしてもそのまま買うかどうか迷ったが、結局、従来と同価格の別の食パンを買った。

 さて、この値上げ攻勢、年末に向けてどこまで広がるのだろうか・・・。


astyle ANAショッピングサイト

10数年ぶりにきれいだった今年の紅葉

紅葉1 「今年はきれいだったよ。よく頑張ったね」
そういって褒めてやりたいほどきれいな今年の紅葉。
紅はよりあかく、黄はより黄色に。
この紅と黄のコントラスト、バランスこそが紅葉の美しさだろう。

黄葉1  黄色く色づいたイチョウの葉がことのほかきれいなのも今年の特徴だ。
イチョウ並木の下を散策する。
そんなロマンチックな光景を提供してくれる今年の黄葉だが、願わくばもう少し気温が低い方がよかった。

紅葉2 暖かい陽射しは家族連れを誘う。
「わー、きれいだね。お母さん。桜の葉も紅くなるって知らなかった」
「そうね。桜の木もきれいね。来年もきれいだといいね」
そんな会話が桜の木にも聞こえているに違いない。


「一度呑んだら忘れられない!」という声が続々【幻のプレミア芋焼酎】

いま買うならWindows XPパソコン。Vistaは後悔する。

 Windows Vistaは発売後1年が経つが、当初マイクロソフトやパソコンメーカー各社が想定したほどには売れていないのが現状である。購入者の大半は新しいものならなんにでも飛び付きたがるユーザーとパソコン初心者ばかりで、パソコンに詳しい中・上級ユーザーや企業ユーザーはいまだVistaに興味を示していない。

 理由は重い、最低必要メモリーが多すぎる、販売価格が高いなど色々ある。
なによりデルなどの直販メーカーはVista搭載パソコンよりXP搭載パソコンを勧めている。
特に企業向けにはXPを勧めている。

 マイクロソフトもこうした動きに屈し、新型パソコンにXPを搭載して販売する期限延長を認めた。
それどころか最近のベンチマークテストではXPの方がVistaより倍以上処理スピードが速いという結果まで出てしまった。
それでも販売員の口車に乗ってVista搭載パソコンをパソコンを買う、何も知らない消費者達。

   全文は「栗野的視点」のHP
  「VistaからXPへのダウングレードが進むWindowsパソコン」
  を一読下さい。


カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

kurino

Author:kurino
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。