上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10万円以下でノートパソコンを

 最近、ノートパソコンを物色している。
旅先に持って出るA4サイズのノートパソコンを探している。
といってもWindows Vistaは買うつもりがない。
メモリーを1Gも必要とするメモリー食いのOSは使いたくない。
もっと軽く動くものがいい。
となるとOSはWindows XPあたりになるが、最近興味を持っているのはOSにLinuxを搭載したパソコンだ。

 もともと使う機能は原稿書きや書類づくりに名簿づくり。
あとは写真の整理とインターネット程度だから、Linuxで全く問題ない。マイクロソフトのオフィスと互換性があるソフトもフリーウェアで提供されているし、現在、そのソフトOpenoffice.orgを使っているので、問題ないどころか却って好都合だ。

 あとは価格だけだ。
というのは、現在使っているノートパソコン(2年前に購入した東芝製)は10万円で購入(新品)しているので、今回は10万円以下で手に入れたい。
それも98,000円というよな限りなく10万円に近いものではなく、できれば7万円台ぐらいで、と思っている。

 こんな話をすると一笑に付されそうだが、この条件でも探せば絶対見つかるものだ。
エプソンダイレクトがLinux搭載A4ノートパソコンを64,890円で出したというニュースを見たので早速調べてみた。

 するとWindows XP搭載モデルでも64,890円だったのだ。
メモリーを512MBにアップ、CD-ROMを書き込みができるタイプにアップしても7万円台。
やはりメーカー直販は安い!
ノートパソコンの購入を考えている人は一度検討してみるといいのではないか。

エプソンEndeavor NJ1000
高性能&ハイパフォーマンス。A4スタンダードノート。
64,890円

マイバックでキャッシュバック

サニーのマイバック呼び掛け

 地球温暖化防止が待ったなしの状態になり、温暖化防止に向けた活動が各方面に広がり始めた。
早くからそういう取り組みをしていた人達にとってはいまさらという感じだが、なにもしないよりする方がいいに決まっている。
ただ、最近はそれらをイベントにしてしまう嫌いがあるのがちょっと気にはなるが。

 ところで福岡を拠点にした食品スーパー・サニーが今月に入って「マイバッグ運動」を始めた。
というか親会社のセゾングループが導入した制度をサニーでも始めたわけだが、レジ袋を辞退するとレジで2円引いてくれる。
買い物金額にかかわらず2円キャッシュバックされるのだ。

I am only doing what I can do.
「私は私にできることをしているだけ」

 チラシの右上にはハチドリが森に水滴を運んでいるイラスト共に
こう書かれている。
 「南アフリカの先住民に伝わるハチドリの物語」から取った言葉らしい。
 ある時森が火事になり、森の生き物たちは我先にと逃げていったが、クリキンディという名のハチドリだけは行ったり来たりして、クチバシで水のしずくを一滴ずつ運んでは火の上に落としていった。
それを見たほかの動物たちは「そんなことをしたって一体何になるんだ」と笑ったが、クリキンディは「私は私にできることをしているだけ」と答えた、という逸話である。

 たしかに客観的、科学的に考えればハチドリがいくら水を運んでも、そんなもので火が消えたり、火勢が収まるわけはないのは明らかだ。
科学者ならこう言うだろう。
「落とした水は途中で蒸発するから、やるだけムダだ」と。

 これに似たような話は世界各地にある。
日本では青洞門を掘った僧侶の実話がそうだし、中国では「愚公山を移す」という話がある。

 皆が力を合わせれば小さな一滴もやがては大量の水になる。
問題は、嘲笑うことでも、できない理由をあげつらことでも、傍観することでもなく、自分にできることをするかしないかである。





tag : 食品スーパー マイバック 地球温暖化 レジ袋

CO2排出削減のためにちょっと行動をしてみませんか。

 皆さん、26日の夏至の日はどのようなことをしましたか。
午後8時から10時までの2時間、電気を消し、ローソクの灯りで地球環境のことを考えましょう、話し合いましょうというキャンドルナイトのイベントが各地で行われたようです。
 こういうイベントには結構人が集まるようですが、その人達や行政が12月のイルミネーションの時も思い出してくれるかどうか少し心配です。
無駄な電力の消費を減らせば、それだけCO2の排出は減少します。
一過性のイベントではなく、地道な継続が必要です。

 ただ地球温暖化のスピードは予想以上なのでノンビリ構えてはいられません。
グリーンランド北端では春が10年前より数週間も早くやってきていることが今月発表されました。
何度も言いますが、このまま進めば2040年には北極圏の氷がほぼ消滅するのです。
私達一人一人ができることを、いますぐ始めませんか。


 そこで以下のようなアンケートを作成してみました。

1.電気はこまめに消す方ですか。
 意外に多いのがトイレや書斎などの電気の消し忘れです。
 こうした電気の消し忘れをなくすだけで随分使用電力は減ります。

2.保温ポットやジャーのコンセントを外出時に抜いていますか。
 ポットやジャーの保温電力はバカにならないものです。

3.TVは夜眠るときや外出時にコンセントを抜くか、電源オフにしていますか。
 リモコンでオフにしただけではTV本体の電源は入ったままです。
 次にリモコンでスイッチを入れた時、即座に画面が映るように、TV本体の
 電流は流れたままになっています。
 これを待機電流といいますが、これをカットするだけで結構電力を削減できます。

4.人がいないとき、その部屋のエアコンは切っていますか。
  できればエアコンの温度もこまめに調節しませんか。

5.買い物にマイバックを利用していますか。

6.マイ箸を持ち歩き、割り箸削減に協力していますか。

 因みに私は5を除いてすべて実行しています。
皆さんはいかがですか。
これを機会にちょっと環境のことを考えてみませんか。



金融庁、不祥事多発の大分銀行に改善命令を出す。

 25日、金融庁が大分銀行に業務改善命令を出した。
同行が金融庁から業務改善命令を受けたのはこの1年間で2回目である。
昨年11月、金融庁から法令順守の強化を求める業務改善命令を受けたにもかかわらず、改善期間中の今年2月、杵築支店で5億3800万円の公金流用事件が発覚したのに続き、3月、4月には税金や投資信託の購入資金を流用する事件が別の2支店で発生している。
さらに本部の事務センターで1000万円の着服事件も発覚した。

 驚いたのはその手口だ。
01年ごろから複数回にわたって金庫室から紙幣計1000万円を抜き取っていたのだが、発覚されないように抜き取った紙幣の代わりに硬貨を増やし、総額が変わらないように見せていたというのだ。
積み上げられた硬貨の後ろの段の下に下駄を履かせ、底上げをして数をごまかしていたわけだ。

 業務改善命令を受け点検した結果、過去の着服などが発覚したということだろうが、いくらなんでも多すぎる。
これでは銀行全体がたるんでいると思われても仕方ないだろう。

 ただ銀行内部の犯罪が発覚したのは大分銀行だけの話ではない。
こんなにどこの銀行でも行われているのかというぐらい多い。
そのことは私のHP内の「栗野的視点」に「激増している銀行員の犯罪と、上層部の無責任体制」と題して書いているので、そちらを一読して欲しい。







【格安高速バス】 博多⇔宮崎・都城  片道3,300円【格安高速バス】 博多⇔宮崎・都城  片道3,300円

tag : 銀行 着服 不祥事 金融庁

紫色の花なのになぜアカバンサス?

アガパンサス

 この季節によく見かけるこの花。
なんとなく気品を感じるのは花の色が紫だからだろうか、それともランに似ているからか。

 花の名前を尋ねると「アカバンサス」と教えられた。
花の色が紫なのになぜ「アカ」という名が付いているのか不思議だった。

 早速いろいろ調べてみると、正確には「アガパンサス」。
ギリシア語で愛を意味する「agape」と花の「anthos」から付けられた名称で「アカ」ではなく「アガ」。
「パンサス」の「パ」は濁音の「ば」ではなく、パパイヤなどの「パ」だった。

 それにしても「愛の花」とは納得である。
和名は「紫君子蘭」。
気品を感じたはずである。
名称は紫君子蘭の方がピッタリ来る。





tag :

小雨に濡れて咲くノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ

 この時期、あちこちで見かけるのがノウゼンカズラの花。

南国をイメージさせる赤い花だが原産は中国らしい。

ノウゼンカツラという人もいるが、つる性植物だからカツラではなくカズラというのが正しいのだろう。

夏を告げる花として知られている。

暑い陽射しを浴びて輝く花もきれいだが、今朝のように小雨に濡れた花も少ししっとりとしていいものだ。

tag :

エコで儲けよう。

 今日の夏至の日を地球温暖化を考える日にしようと各地で様々な「イベント」が行われている。
 夜8時から10時の間、電気を消してキャンドルという名のローソクで過ごしたり、「号外」を配ったり、一斉に打ち水をしたり(打ち水月間に)、・・・。
どれもこれもいいことだ。
 でも「号外」に書いてあるように「冬は厚着をして暖房の温度を下げ、夏は部屋を『ここはサウナだ』と言い聞かせよう」などと思うだろうか、そんなことをするだろうか。
 そんなことより見てない時はTVを消したり、出かける時はTVその他のコンセントを抜くようにした方がよっぽど楽にできる温暖化防止である。

 地球温暖化防止の最大の効果は電気を使わないこと(使用量を減らすこと)と、ガソリンの消費量を減らすことである。
 例えばTVやエアコンはほとんどの人がリモコンで操作していると思うが、リモコンでスイッチを切ってもTV本体には電気が流れており、その間ずっと電気を使っているわけだ。

 これを待機電力といい、待機電力は家庭の全電気使用量の約10%を占めているといわれている。
この待機電力をカットするだけで温暖化防止に随分貢献できるのだ。
方法は簡単。
TVはコンセントか電源を切ればいいのだ(TVの電源は本体に付いている)。
そのほか温水洗浄便座や保温ポット、電子レンジなどのコンセントをこまめに抜くだけで待機電力のカットになる。
ということは電気代の節約にもなるわけで、エコをしながら家計の足しにもなるわけだ。
つまりエコを実施すればエゴが儲かるというわけ。

 皆さん、楽をしながら地球温暖化防止のために行動しませんか。


急ピッチで開店準備が進むボンラパス花畑店

ボンラパス花畑店

 7月25日のオープンに向けて徐々に外観を現しだしたボンラパス花畑店。

1年前オーナー企業が福岡地所グループからハローデイに代わって初めての出店(正確に言えば西新店の閉店・移転になるかも)である。

右端に見えるのは併設されるドラッグストアのマツモトキヨシ。

場所は福岡自動車試験場南口。




tag : ボンラパス ハローデイ 食品スーパー

Eメールのエチケット:返信メール編

 忙しいからなのか、無神経なのか、鈍感なのかよく分からないが、こんな返信メールを寄こす人が結構多い。

 「こんな」とは、返事はわずか1行なのに、その後に送ったメールの全文が引用マーク付きで延々と続くメールのことだ。

 恐らく届いたメールに返事を書いて、そのまま返信ボタンを押して出しているのだろうと思うが、引用は最低限にとどめ、不要部分は削除して送る配慮が必要だろう。

それが最低限のエチケットだと思うが、意外にこの程度のことをしない人が多い。

 返信ボタンを押す前にちょっと右側のカーソルを移動させて、読み直すわずかな時間を惜しみさえしなければ防げることだ。

その時間を惜しんで信用を失う方がいいですか。


性病・エイズ・がん検査を自宅で早く安く確実に!

tag : エチケット 返信メール

Lunascape 4.3.0 正式版がリリース

 国産ブラウザーのLunascape 4.3.0 正式版がリリースされた。
ブラウザとはインターネットを閲覧するするソフトのことで、代表的なのはマイクロソフトのInternet Explorerや、ネットスケープ、Firefoxなどがあるが、Lunascapeは我が国発のブラウザ。

 ブラウザのエンジンにIE系のエンジンとウイルスに強いGeckoエンジンを載せ、それぞれ切り替えて使えるのが特徴。

 このほかにもデザイン機能(スキン)が豊富だし、カスタマイズも自由にできるので、自分だけのオリジナルブラウザを作ることができる。

 色々機能は多いが、なかでも最大の特徴は「フォーム文章保護機能」だろう。
 ブログなどを書いている途中で誤ってブラウザを閉じてしまい、それまで書きかけた文章がすべて消えてしまったという経験をしたことがある人は多いと思うが、Lunascapeではそういう場合でも書き込み内容を保護してくれるので、簡単に復元できる。
 まだLunascapeを使ったことがない人はぜひ一度お試しを。


「Lunascape」で新しいウェブ体験を



tag : ブラウザー ブログ

倉敷アイビースクエアの睡蓮

睡蓮1

睡蓮2

 元クラボウ跡の倉敷アイビースクエア中庭で撮影した睡蓮

中国製練り歯磨き(ホテル等の備品)から毒性物質

 最近、中国製練り歯磨きから相次いで毒性物質が検出されている。
グリセリンの代わりに有毒物質のジエチレングリコールが使われていたのだ。
この物質は少量では特に害はないということだが、肝臓や腎臓、中枢神経系への悪影響が指摘されている。

 中国製練り歯磨きが使われているのはホテルや旅館などの備品。
 こうした備品類は経費節約の対象になり、少しでも安いものを使いたいから多くのところで安い輸入品を使っている。

 私は普段から電動ブラシを使っているので旅行に行くときもマイ箸ならぬマイ歯ブラシを持参している。
それでも練り歯磨きまで持参することはなく、歯磨きはホテルの備え付け備品を使っていただけにビックリ。
これからは歯ブラシだけでなく歯磨きまで持ち歩かなければならない時代になった。

 それにしても輸入品は中国製品に限らず問題が多い。
アメリカ産牛肉は問題だし、農産物も残留農薬が多いことが以前から指摘されている。
 最近、スーパーの店頭でアメリカ産ブロッコリーが安く売られているが、ブロッコリーは日本産しか買ったことがない。
サラダなどにして生で食べる可能性があるものは恐ろしくて輸入品を買えない。
 アメリカ製品は農薬の問題だけでなく遺伝子組み換え植物を利用している可能性も高いだけに常に注意している。

 中国製品、アメリ製品が危なくて、日本製品は大丈夫かという疑問が湧くが、これもまあ比較的という程度でしかないのが残念だ。
 身の回りから安全な食品がどんどん減っている。
消費者ももっと賢くなる必要がありそうだ。




Eメールのエチケット--件名なしメール

 PCメール初心者に結構多いのが「無題」メールだ。
これは日常的にパソコンより携帯電話からメールを送っている人に多いようだが、PCメールの場合、題名(ソフトによっては「件名」「見出し」になっていることも)は絶対必要だ。

 携帯メールの場合、「題名」はもちろん署名も付けずに送っても誰から届いたか分かるが、PCメールの場合は署名がなければまず誰からのメールか分からない。
 携帯メールの場合は基本的に携帯電話に登録している相手からメールが届くから、受信時に送信者の名前が表示されるが、PCメールの場合はそうとは限らない。
名刺にEメールアドレスを書いている人は多いし、そういう人は名刺交換した人から届くこともよくあるわけで、1日に何十通と届く人は署名とタイトルで内容を読む読まないを振り分けている人が多いから、書名、タイトルなしメールはほぼ100%迷惑メールフォルダ行きである。

 私も「無題」メールや題名欄に「Re:」だけ、あるいは「Fwd:」だけのメールは自動的に「迷惑メール」フォルダに移動するように設定にしている。
 また、受信ソフトによっては「無題」メールは一切受信を受け付けないこともあるので題名は必ず付けることが大事だ。






カシオ 電子辞書 XD-M600カシオ 電子辞書 XD-M600

英・英和・和英・英語類語・英文手紙・英会話とっさのひとこと・ひとり歩きの会話集、広辞苑・逆引き広辞苑・漢和・古語・カタカナ語・ことば選び・ことわざ・四字熟語・パソコン用語・経済ビジネス用語・IT用語・略語・冠婚葬祭・手紙・スピーチ・法律用語・日本史・世界史・料理などを収録

客の忘れ物を捨てる店

 先般、デザイナーのHと食事をした。
いつも彼と食事をする時は店の指定を彼に任せている。
いつもオシャレな店を紹介してくれるからだ。
その度に、さすがにデザイナー、それにしてもどこで情報を仕入れているのだろうと感心する。

 今回、彼が紹介してくれたのは福岡市中央区今泉の「五行」。
ラーメンチェーン店「一風堂」を経営している会社の経営らしい。
 私はラーメンを食べないので一度も一風堂に行ったことはないが、ラーメン通の間では有名な店らしい。
 同店のようなブランド化したラーメン店が他にもあり、週末ともなると若い男女が行列しているが、ほとんど県外からの観光客だ。
観光雑誌に紹介されている記事や広告を見てやってくるのだが、この種の店の中にはどこが評判なのか分からなかったり、味もイマイチでわざわざ行くほどの店ではないなと思うところが結構ある。

 Hの紹介する店はいつもたしかにオシャレな店だが、紹介された店にその後も通うことはほとんどない。
理由は私好みではないからだが、見てくれはいいのだがサービスがイマイチだったり、店内が騒々しく若者向きだったり、料理の割には値段が高かったりするからだ。

 今回Hと食事をしたのはマイ箸についてデザインのプロのアドバイスが欲しかったからである。
ただ、一口にデザイナーといっても専門分野は色々で彼の場合はグラフィック系。本当はインダストリアルデザイナーの分野なのだが、それでもヒントになるアイデアを出してくれるだろうと思ったからだ。

 二人で食事をしながら私が持参したマイ箸を前にああだ、こうだと話しながら、久し振りの再会だったので大いに飲み、会話を楽しんだ。

 それはいいのだが、帰りに箸置きをテーブルに忘れたことに気付いた。
実はマイ箸とともに箸置きも持ち歩いていて、その箸置きを店のテーブルの上に置き忘れて帰ったのだ。
すぐ店に連絡すればよかったが、明らかに忘れ物と気付くはずだから後日でもいいだろうと考え、2日後に店を訪れ忘れ物のことを告げた。

 ところが、返ってきた言葉にビックリしてしまった。
「済みません。なかったようです」
「ない? 店の箸置きとは一見して違うと分かる代物だから、忘れ物だとすぐ分かるはずだ。店のものと混同するわけはないだろう?」
「はい、恐らく捨ててしまったと思うんです」

 なんと、客の忘れ物を捨ててしまったというのだ。わずか2日しか経ってないというのに。
これには絶句してしまった。
客の忘れ物はどんなに些細なものでも一応保管しておくというのが普通だ。
それをいとも簡単に捨ててしまったという店の神経に驚いた。
いくら外観がオシャレでも、サービスがなってない店が長く続いたためしがない。
 サービス業の基本は店の作りや話題性ではない。
基本は味とそこで働く人のマナーだ。

 しかし、こんな基本ができてない店ばかりではない。
先日、益正三和ビル店で食事をした際、やはりマイ箸を忘れて帰った。
すると直後に店の女性が電話をして箸の忘れ物があると知らせてくれたのだ。
予約時に連絡先を知らせていたからだろうが、この対応は気持ちよかった。
それから数日後に受け取りに行ったが、きちんと保管されていた。
 同じ飲食店でもこれほど対応に違いがある。


【アニエスb.】メンズウオッチ ブルー文字版
【アニエスb.】メンズウオッチ ブルー文字版

またまた行員が着服、西日本シティ銀行

 西日本シティ銀行の行員がまたまた顧客の金を着服して懲戒解雇された。
着服額は約1,500万円。
被害にあった顧客は2人。
この女性行員(47歳)は本店営業部と二日市中央支店勤務時代に45回に渡り着服していたらしい。

 それにしても西日本シティ銀行は顧客の預金を使い込む行員が多い。
今年4月にも男性行員(36歳)が顧客3人の預金など計1,300万円を着服したとして懲戒解雇になったばかりだ。

 西日本シティ銀行は1年前に西日本銀行と福岡シティ銀行が合併して誕生しただけに、これらの行員が元西日本銀行の行員なのか、それとも福岡シティ銀行の行員なのかは不明だが、それ以前から両銀行とも不祥事が多かった。

 今回発覚した使い込み額はそれ以前のものに比べるとはるかに少ない。
恐らく合併で支店の統廃合、行員の移動があり、それで発覚したのだろう。

 最近は国でさえ納めた年金を誤魔化している時代である。
同行に預金をしている人は一度預金内容を確認した方がいいかもしれない。




入れ立てのコーヒーあります?

目を引く看板

 倉敷・阿知通りで見つけたディスプレー。
コーヒーカップの中から湯気が立ち上り、おいしいコーヒーの香りが通りに漂ってきそうな雰囲気だ。
「コーヒー豆」の濃茶色と「コーヒー亭」の赤色の文字の配色もなかなかいい。
最近はこの種のディスプレーをあまり見かけなくなったが、抜群の訴求力である。

 スタバの味気ない紙容器で飲むコーヒーと違って、この店では時間がゆったり流れる。
マスターがコーヒーを立てる手元を眺めながら、漂ってくる香りに鼻腔を膨らませ、静かに時間を楽しむ。
やがて目の前に出された白いソースとカップ。
カップの中から立ち上る入れ立ての香りが、大脳を心地よく刺激する。
そんなシーンさえ想像させる・・・。


おいしいコーヒーはおいしい水から


迷惑メールの発信者は自分自身??

 迷惑メールが日に100通はゆうに来る。
最初の頃は気になっていたが、最近は慣れっこになったこともあるが、あまり気にならない。
というのもメールソフトが自動的に迷惑メールと判断したものを迷惑メールフォルダに分類・移動してくれるからだ。

 メールソフトは以前からジャストシステムの「Shuriken Pro4」を使っているが、いまではほぼ100%近く迷惑メールを仕分けしてくれる。

 ただ最近、迷惑メールフォルダに移動しない迷惑メールが頻繁に来るようになった。
それらはすべて英語メールだが、なんと発信者アドレスを見れば私自身になっていた。
これにはビックリ!

 最近、成り済ましメールというのがあり、発信者アドレスを適当に偽って出す一種のウイルスメールがあるが、どうもその類だろう。
 もし、これが日本語表示のメールだったらギョッとしたに違いないが、英語メールなのでどう考えても自分が出したとは考えられない。
 それにしても迷惑メールの発信者アドレスが自分自身とは・・・。


ウイルスセキュリティZERO ダウンロード版 (Vista対応)

権力に擦り寄りだした猪瀬直樹氏

 石原都知事が作家の猪瀬直樹氏に副知事就任を打診しているらしい。
そのニュースを聞いたとき即座に猪瀬氏は副知事就任を受諾するに違いないと思った。

 もともと猪瀬氏が注目されたのは週刊ポストに連載(その後単行本化)した「ミカドの肖像」で1987年に大宅壮一ノンフィクション賞を受賞してからである。
 この頃までの氏はどちらかといえば思想的には左翼系だったと思ったが、間違いかもしれない。
ただ単に注目されるのが好きなだけだったのかもしれない。

 いずれにしろ2002年に道路関係四公団民営化推進委員会に就任してから注目される魔力に取り付かれたようだ。
 民営化推進委員になってからの発言の変遷は当時からいろんな人に指摘されている通りだ。
道路公団民営化法は骨抜きにされたが、その過程で氏は権力側に立つ魔力に魅せられたのだろう。

 その行き着く先は悪魔に魂を売ったファウストか。




岡山駅の面白い案内

岡山駅構内

駅の案内板

 岡山駅の構内はコピーが面白い。
エスカレーターで1階へ降りている途中、目に飛び込んでくるのがフロアに張られたこの案内。

「駅から観タクン岡山」というコピーを見た時は、すぐには理解できなかった。

「観タクン」は観光タクシーの略で、「タクシー」の文字が1箇所はがれ、「タクン」になっていると最初思った。

「観タクン」は「観タクシ」の文字が1箇所剥がれたのではなく、「観タ君」→「観タクン」だと気付くまでにしばらくかかった。

8日遅れて梅雨入り

岡山駅前

岡山駅前の噴水

 12日の岡山は暑かった。
岡山駅前の噴水がオアシスになり、しばし水しぶきで涼を取ったが、なかなか雨が降らない。
と思って尋ねてみると、岡山地方は晴天続きではなく時々雨が降っているとのことだった。
降るときは激しく降って1時間ほどで止む天気がほぼ毎日続いているとのこと。
福岡とは大違いだ。

 福岡はずっとカラカラ天気で、雨がまったく降らない、と思っていたら、昨日梅雨入りしたとのこと。
例年より8日遅い梅雨入りだそうだ。
昨、新幹線で夕福岡に帰ってきたが、山口県を通過する頃から雨が降り出した。
農家にとっては待ちに待った恵みの雨だろう。
しかし、降れば降ったでジメジメとしてくるので鬱陶しいが・・・。




tag : 天気

新幹線・岡山駅構内の弁当屋

岡山駅の弁当屋

 昨日、講演のために新幹線で岡山に着いた。
駅から2階の構内に降りると最初に目に飛び込んできたのが、このオシャレな看板。
 「岡山を詰め込んだお弁当屋さん」というコピーの面白さに引き込まれ、その下にアルファベットで書かれた文字を読んでまた感心した。
「ASANAYUUNA」とは「朝な夕な」に食べる弁当という意味だろうが、それをそのまま店名(社名?)にしているところが面白い。
横から見た分には和菓子屋としか思えない色遣いだ。
このカラーにつられて思わずシャッターを押した。

北部九州は雨なしカラカラ

関東、東海地方は大雨に見舞われているというが北部九州はカラカラ天気が続いている。
今年は梅雨入りなしか、と思わせるほどの快晴がこう何日も続くと、さすがに少し心配になる。
すでに福岡県行橋市辺りは水不足の懸念が出ているが、このままでは福岡市も節水呼びかけをせざるを得ないのではと思ってしまう。

 約20年前、福岡市が大渇水被害に襲われたことがある。
あの時は本当に大変だった。
自衛隊の給水車が出、毎日水もらいに通う日が続いたが、あの頃に比べると住民は皆年を取った。
ポリバケツを持って給水車まで水をもらいに行けない人もいるだろう。
それを考えると早く雨が降って欲しいと望むばかりだが、雨の代わりに降るのは黄砂だけ。
洗車の回数も増えるが、水不足のことを考えれば洗車もできない。

 それにしても異常気象と思わざるをえない。
近年、九州から四季がなくなりつつある。
四季ではなく三季ぐらいになってきたようだ。
一部には南九州は香港と同じで、亜熱帯地域に入りつつあると指摘する声もあるほどだ。
地球環境保護のために一人一人ができることから、今すぐ始めなければ、本当にこの星は住めなくなる。




Eメールのエチケット--署名編

 日本人は初対面の時に必ずといっていいほど名刺交換をする。
特にビジネスの世界では100%そうである。
その名刺がこの5年程の間に大きく変化してきた。
以前は名刺にEメールアドレスを書いている人はまだ半分にも満たなかったが、いまやEメールアドレスが書かれてない名刺の方が珍しいぐらいである。
 それもinfo@***といった会社の代表アドレスではなく、個人アドレスが書かれている。
それほどEメールが普及しているということである。

 ところが、ここで一つ問題が出てきた。
あまりにも急速にEメールが普及し、誰も彼もが使い出したから、エチケットを知らないままにメールのやり取りをする人達が増えてきたことだ。
 個人的な私的メールの場合はそれでもまだ許せるかもしらないが、ビジネスでエチケットを欠いたメールはせっかくのチャンスも失することになる。
 先方が多少気分を害するぐらいならまだいいが、迷惑メールと判断され読まずにゴミ箱に捨てられることもあるので注意が必要だ。

 最近、よく見かけるのが署名なしのメールだ。
これは初心者やあまり頻繁にメールのやり取りをしていない人に多く見かける。
あるいは携帯メールを中心に使い、PCメールはたまにしか利用しないという人に共通してみられるようだ。

 メールを出した当の本人は分かっているつもりかもしれないが、日に何10通も送受信している人はメールに署名がなければ誰からのメールか分からない。
分からなければ即「ゴミ箱」行きだ。

 ゴミ箱に捨てられないにしても、目上の人、年上の人に署名もせずにメールを出すのは、名乗らずに電話をするのと同じでとても失礼である。
 こんなちょっとしたことで相手の心証を害し、ビジネスがダメになったりすれば元も子もないと思うのだが、存外無神経な人が多い。

 では、署名はどのように入れればいいのか。
個人的な相手になら自分の名前(フルネーム)だけでもいいだろうが、ビジネスの場合は
-----------------------------------------
 社 名
 部署名
 氏 名
 会社住所
 電話番号
 E-mailアドレス
-----------------------------------------
 ぐらいは最低限必要だろう。
 そして上記部分を本文と区別するために罫線、記号などを使って上下に線を引いておくといいだろう。


色のマーケティングが勝敗を分ける時代

 人は情報をどこから得ているのか。
頭だと思うかもしれないが、それは違う。
実は目である。
目から得ている情報が最も多いのだ。
カラー化が進んだ現代はますます目から得ている情報が増えている。
コンピューターで取得したと思っている情報も実はディスプレーを通して目から得ているのだ。
 ということは何かを訴える時(PRする時)、いかに目から情報を与えるかということである。

 ところで面白い話がある。
少し前のことだが、明日着ていくスーツを妻に準備してもらおうと思い、「明日は茶のスーツを着ようと思う。それに合うネクタイとワイシャツを出しといて」と言った。

 ところが準備されたスーツは私がイメージしたものと違っていたのだ。
私が「茶」と言った色を妻は「グリーン」と感じ、もう一つの茶のジャケットを用意したのだった。
つまり私と妻では色に対する認識が違っていたわけだ。
 妻から「あなたが言っているのはグリーン。どうしてこれが茶に見えるの」と言われてもなお私にはグリーンではなく茶系に見えた。
しかし、よく見れば、なるほどグリーンに見えないこともないな、と感じはしたが。

 一般的に男性は色の識別パターンが女性より少ないようだ。
信号機は今でも「緑」ではなく「青」に見える。
我々は「信号は青」と教わったから「青」に見えるのかもしれない。
緑と言われれば緑に見えないこともないが、パッと見た瞬間はやはり青色に見える。

 ある色をその色だと判断するのは脳だから、もともとある年齢以上の人の頭には信号機の色は青とインプットされているのかもしれない。

 まあ、それはいいが、ソフトバンクの携帯電話を例に挙げるまでもなく、色を戦略的に使えるかどうかで企業の業績さえ左右される時代である。

 製造業の現場でも、色を効果的に使えば作業効率を上げたり、事故やミスが減少することは多くの例が示している。
これからは色を制するものが勝つ時代なのかもしれない。
とすればカラーマーケティングはますます重要になる。

●日 時:6月9日(土) 13:30 ~ 17:00
●場 所:農民会館(中央区今泉1-13-19)3F
       ビックカメラ(西鉄電車高架下)の裏
      1.西鉄今泉ビルの所の辻を、国体道路を背にして右へ入ると左手。
      2.国体道路・警固神社前の信号から今泉側へ入り、最初の辻を左。

●内 容:
1.勉強会「魅せる色! ~あなたの会社はどのように見られている?~」

   講師:ビジュアルカラー研究所・伊藤恵美子代表
    ブログ:色を読む★Color essence★

2.「新しい職域販売の模索」
  発表者:株式会社日本トリム・常石裕一 氏

  従来の職域販売のよさを残しながらも、Give & Takeの精神で新しい関係が
  築けないかと模索中です。
  皆さんのお知恵を!
●例会参加は誰でも自由です。
  参加費用:1,000円。
●例会後、懇親会を予定しています。
   予算3,000円程度。
●例会・懇親会とも参加申し込みは事前に!


アジサイの花色は土壌で変化する?

アジサイ2

アジサイ1
紫陽花は花の色が変わることから別名七変化とも呼ばれているが、その不思議さ故なのか色んな誤解、俗説がまことしやかに語られてもいる。
その一つに土が酸性なら青い花が、アルカリ性なら赤い花が咲くとか、phによって色が変わるというのがある。

 しかし、これは俗説だ。
実際には同じ土壌でも色とりどりの花が咲く。
上の写真を見れば分かるように、同じ箇所の隣り合わせに青と赤のアジサイが咲いている。
下の写真に至っては赤と青が混ざり合っている。
もし、土壌の酸性、アルカリ性でアジサイの色が変化するのなら、この現象をどう説明するのだろうか。

 このように少し考えれば分かることや、ちょっと調べれば文献に載っていることでも、俗説を書く本などの方が入手しやすいので、多くの人はそちらを信じるようだ。
 というか、土壌で変化すると説明することでアジサイの色の神秘性を出しているのだろう。

 アジサイの名前の由来は「集真藍(あづさあい)」。
集まった花と青藍色から付けられたらしい。(出典:「暮らしの歳時記」(講談社))
本来、日本産だが、後にヨーロッパに渡り品種改良された西洋アジサイが逆輸入され、近年は鉢植えなどで売られている。


未上場株売買を持ちかける怪しい電話

 「エーアイティーという環境関係の企業なんですが」
電話口で年配の男性が私の名前を呼びながら切り出した。
「今度ジャスダックに上場することになりまして、自社株の購入をお勧めしています」

 相手が言っていることをそのまま信じれば、エーアイティーという会社が近々ジャスダックに上場するのだけれど、その前に未公開株を買わないかと、その会社の社員が勧めていることになる。
「エーアイティーという会社はご存じと思いますが」
とご丁寧に言ってきた。
先頃マザーズに上場した会社なら知っているが、「環境関係のエーアイティー」という会社なんか知らない。

 未公開株の購入を勧める詐欺電話に共通しているのは、最近は「環境投資」「環境関係の仕事をしている」など「環境」という言葉を付けることだ。

 手口は段々巧妙になり、今回は非常に落ち着いた語り口で年配の男性だった。
いままでかかってきたのは若い男性や女性だったが、今回のような年配の男性だと騙される人は案外多いかもしれない。
電話を受けながらそう感じた。

 しかも、一見最もらしい言い方をする。
「広く皆さんに会社のことを知っていただくPRも兼ねて」と言われれば、
なるほど上場前だからそうなんだろうな、と騙される人もいるのではないだろうか。

 この手の詐欺に遭わない唯一の方法は一切興味を示さないことだ。
少しからかってやろうなどと思い、相手をすると思うつぼで、気が付いたら相手に取り込まれていたということになる。

「未公開株には興味がない」というと案の定、相手はそそくさと電話を切った。
こちらがまだ喋っているのに。
それにしても相変わらず減らない未公開株詐欺商法。
皆さん決して騙されないように。
この種の情報は出来るだけ共有しておくのが詐欺被害を未然に防ぐことにもなるので、皆さんも情報の公開を。


弁護士からの無料アドバイスが欲しい方はこちら!

黄砂で汚れたアジサイの葉

黄砂に汚れたアジサイ
 今年は黄砂の飛来が例年以上に多い。
黄砂が降る日は遠くの山が靄に霞んだように見えるし、車は灰を被ったように白くなる。
汚れるだけならいいが、放置しておくと塗装が痛むので、いきおい洗車の回数を増やすしかない。
写真のアジサイも葉がまるで泥水を被ったように白く汚れているのが見えるはず。
今年は北京でも黄砂がひどく、人々は帽子やスカーフなどで頭を覆い、口にはマスクを着け、誰が誰か見分けも付かないような格好で行き来しているらしい。
黄砂が増えているのも地球温暖化の影響。
いますぐ一人一人ができることから地球温暖化防止の行動を始めよう。




咲き始めのガクアジサイ

ガクアジサイ
 枝一杯に咲き誇っている紫陽花は見応えがあり、美しいが、咲き始めの頃の方が私好きだ。
花のように見えるのは実際は額。
花は小さなシベのように見える。


トイザらス・オンラインショッピング

マイ箸を作ろう!

「少しでも地球温暖化防止の活動を」--。
そんな大層なことを考えたわけではないが、今年に入って「マイ箸」を持ち歩いている。
もともと割り箸で食べる料理の味気なさというか口当たりの悪さに不快感を感じていただけに、マイ箸を持ち歩くようになって外での食事もおいしくいただけるようになったのが何よりの効果。
いい箸を持ち歩くと心も豊かになる。

 ところがひょうんなことからマイ箸を作ることになった。
自分だけのオリジナルなマイ箸を作ろうというのではない。
ご飯をおいしく食べるために、他の人にもマイ箸を勧めてあげたいと思ったのだ。
同じ持つならカッコイイ「マイ箸」を持ちたい。
しかも常時携帯するのに邪魔にならないコンパクトなマイ箸を作りたい。
そう考え、仲間達と協力してマイ箸づくりを始めた。

 始めて分かったが、たかが箸、されど箸で、これが結構奥深い。
それでもワイワイガヤガヤやりながら、なんとかマイ箸を作れないかと思っている。
ところで、皆はどんなマイ箸が欲しいのだろう。
そんな疑問からブログを仲間が立ち上げた。
ブログのタイトルは「マイ箸を作ろう~!」
興味がある方はぜひ一度訪問を!





マイ箸プロジェクト

マイ箸プロジェクトの4回目会議を5日(火)に開きます。
今回は先週にひきつづき、デザインについて・・・です。
前回からパッケージデザイナーの高野氏に入っていただき、着々と(?)マイ箸製作に向け進行中です。

なんだかワイワイガヤガヤと楽しそうだけど、どんなことやってるのかな~~~って、興味もった方は今からでも是非参加ください。

 明日は、できるだけ何かデザインのヒントになるものを持参ください。
箸や箸箱、そのものではなく、まったく別のアイテムで好きな形、かっこいいと思うもの、おしゃれなもの・・・

 たとえば、香水の容器とか、釣り道具、ペンケースとかでもいいですし、形にはならないけどこういう色、こんなテクスチャー、このイメージ・・・などがわかる写真などでもOKです。

そのまま使えなくてもデザインの種になります。

「ヒントは異業種から」・・・商品開発のおもしろいところです。

 日時:6月5日(火)PM6:30-9:00    
 場所:(株)ホワイトスペース会議室
  
     福岡市中央区薬院2-6-32 アンコール第2ビル3F
     (渡辺通1丁目から六本松方面に向かいます。薬院四つ角を通りぎ
      薬院大通り西の信号の次を右折。南薬院の信号の手前の道。
      福岡逓信病院の隣のビル)
       Googleマップで「福岡市中央区薬院2-6-32」を
       検索すれば地図が表示されます。         


欲しい鏡家具が必ず見つかる!種類豊富インテリア専門店
カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

kurino

Author:kurino
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。