上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国で驚いたホテルの「サービス」

バスルームが丸見え

 先月、中国・北京・天津を旅行したが、北京でも天津でも驚いたのはホテルの中国式サービス(?)

北京のホテルには「快眠グッズ」が置かれ、天津の最新ホテルはバス・トイレがガラス張りでベッドルームから丸見え

     全文は「まぐまぐ」内の「栗野的視点」


機内食が食べられない。

機内食1
 福岡空港から大連行きの中国南方航空の飛行機に乗ったのは午後3時過ぎ。

空港で搭乗手続きを済ませたのが12時40分頃だったが、昼食を済ませてなかったので、

搭乗前に空港でソバを食べて乗った。

すると予期せぬ機内食が出た。

飛行時間からして食事をする時間ではないので、機内食はないと思っていた。

だから搭乗直前に食事をしたのに、まさかの機内食である。

機内食は2種類でチキンか牛肉を選べるようになっていたようだが、男性CAの言っていることが分からない。

すると隣の座席の人が「チキンか牛か、どちらにすると言っているんです」と教えてくれた。

迷わずチキンを注文、したのはいいが、お腹は空いてない。

それでもチキン部分だけ(下の写真の左半分)を食べた。

こんなことなら搭乗前に食事をしなければよかった、と後悔しながら。

味はハオチー(おいしい)。

機内食2

初日から予定が大狂いの北京・天津5日間旅行

大連空港1

 22日午後2時20分、福岡空港から中国南方航空の飛行機で大連に向けて飛び立つ予定だった。

ところが12時頃、急に激しい雨と雷の影響で飛行機の整備が遅れ、大連空港に着いたのは

予定より1時間半も遅れた4時50分。

ツアーの名称は「北京・天津5日間モニターツアー」。

主催はJTB旅物語。

福岡空港から飛び立った1行11日は大連空港に着き、迎えの現地ガイドと合流した時点で初顔合わせ。

空港に着いた印象は「埃っぽい」。

まるで香港のようにあっちでもこっちでも建設工事、土木工事をやっているものだから埃が舞い上がり、

景色が霞んで見えるほど。

車の多さは想像していたが、大連も車が溢れていたのはちょっと想像外。

まずは簡単に市内観光。

といっても旧大和ホテル(現大連賓館)と旧満鉄本社を見るだけ。

夕食を済ませ、再び大連空港に。

大連空港2


ここで北京行の飛行機に乗り、北京に着くのが11時20分の予定。

一度あることは二度あるではないが、今度は中国南方航空の到着が遅れた。

30分遅れと聞いたが、次には50分遅れに訂正され、結局、北京空港に着いたのは夜中の12時15分。

「遅れた理由や原因を中国では発表しないから分からない」とはガイドの弁。

中国人ガイドも怒っていたが、仕方ない。

空港で待つ以外にない。

しかし、1時間も空港でボーと待つのは手持ちぶたさだ。

ビールでもと思ったが、空港内には喫茶店しかなく、売店でもビールは売ってなかった。

ところが、面白いものを見つけた。

空港内に無料で利用できるインターネットコーナーがあったのだ。

この点も香港に似ている。

だが、子供達に占領され、3台のパソコンは全然開かない。

隙を見てGmailのチェックをしようとしたが、ダイレクトに表示するアドレスを覚えていなかったので、

やむなく自分のブログでも更新しようとアクセスすると、中国語表示なのでうまくいかない。

(ブログのURLアドレスも覚えていない)

あっ、そうか。Googleのトップ画面からGmailにアクセスすればいいはずと思い、Googleの画面を表示。

そこでGmailをクリックするがうまくいかない。

結局、この時の操作で何かが狂ったのか、北京滞在中はGmailが受信できなかったばかりか、

ブログの写真表示もできなかった。

中国側の規制なのかどうかはよく分からない。




テーマ : 中国旅行
ジャンル : 旅行

tag :

北京・天津5日間の旅に出発する。

 22日から福岡発、北京・天津5日間の旅に出かける。

JTB主催の旅行だが、この日出発の便は10人と少人数の予定。

これが格安で58,000円。

中国に行くのは久し振りで、5年ぶりになるか・・・。

北京は3回目。

今回、思い立ったのは30数年前に見た万里の長城にもう一度行ってみたいと思ったから。

残念ながらというべきかどうか、今回、高速鉄道には乗らない。

友人たちは喜んでくれたが。

久し振りの北京、随分変わっているだろうな。

昔は旅行客に親切で、安心な国だったが、最近は香港より注意しなければいけないかも。

昔、北京のホテルに鍵がなかったという話を今では信じる人もいないが、忘れ物をすると次の宿泊先まで届けてくれた時代もあったのだ。

別府・観海寺温泉に泊まる。

観海寺温泉
 6月下旬のことである。
その日の朝になって急に別府に行こうということになった。
神楽女湖のハナショウブが目的だったが、神戸から来ていた弟が、せっかく行くなら別府温泉一泊を招待して欲しい、と言う。
それもそうだと思ったが、平日だったとはいえ当日予約は無理だろうと思った。
すると「ゆこゆこ」会員の弟が「ゆこゆこ」に連絡すれば1万円以下で行けると言う。
まさかと思ったが、「ゆこゆこ」からの電話は1万円を切るものだった。
それも1カ所ではなく何カ所かのホテルがあった。
その中から観海寺温泉の両築別邸というホテルに決めた。

 部屋、料理ともに、この値段なら上等という感じだった。
エレベーターから少し距離がある部屋だったが、値段が安いのだからその程度のことは我慢しなければいけない。
 ただ、問題はあった。
1つはこちらの思い込み間違い。
別府温泉といえば硫黄のニオイが強い温泉というイメージだったが、それは鉄輪温泉で、別府温泉にはいろんな泉源の温泉があり、観海寺温泉は違っていたのだ。

 もう一つの問題は露天風呂だった。
岩苔のようなものが露天風呂一面に漂っていて、温泉に入って汚れるという感じだったので、早々に上がった。
その後、大浴場に移動。
こちらは問題なかったが、せっかくの露天風呂がマイナスだなというのが2人の評価。
それにしても驚いたのは「ゆこゆこ」の料金。
ネットで調べても「ゆこゆこ」料金よりはどこも高かった。

岡山でお勧めのレストラン

岡山シティホテルレストラン

 最近、岡山に行くとよく利用しているのが岡山シティホテル桑田町。
宿泊に利用する理由は価格の割に部屋が広いのと、駐車場が無料だからなのだが、ここのレストランが安くておいしい。
特に友人と一緒に食べる時はバイキングを利用する。
バイキングが1500円で飲み放題が1500円。
両方合わせても3000円だから居酒屋よりも安い。

倉敷国際ホテルレストラン1

 倉敷に行った時も景観地区を見る前に腹ごしらへと大原美術館近くの倉敷国際ホテルのレストランで食事をした。
実はこの場所は街の人に「食事をしたいのですが、どこかこの辺りでおいしい店をご存じないですか」と尋ね、教えてもらった店の一つだ。
倉敷に行ったのは春で、運良く4月1日~5月16日まで「春の味覚ランチバイキング」期間中で、1600円。
訪れた時は平日ということもあり、観光客も少し少なく、ゆっくり昼食を楽しむことができた。
料理は実においしく、デザートのお菓子(下の写真)もおいしかった。
 食事に関しては嗅覚が聞くというか、学生の頃から安くて旨い店を見つけるのが得意だった。

 ただ、若い頃と違って量は食べられなくなっているので、バイキングには価格的なメリットを感じなくなっている。
むしろ割高感さえあるが、バイキングの良さはいろいろな料理が食べられることだ。
それだけに価格と味のバランスが良い所に当たるかどうかで評価が分かれるが、幸いどちらも良かった。

倉敷国際ホテルレストラン2

鳥取・倉吉滞在時間を縮め砂丘に急ぐ

鳥取・倉吉の町並み 三朝温泉を発ちバスで倉吉の古い町並みを見に行く。

当初の予定では倉吉でブラブラとし、午後に島根・玉造温泉に行く計画だった。

ところが旅館を発って、そのままバスで直行したものだから
荷物を抱えて(ゴロゴロと引っ張って)の町中散策になった。

これでは移動がままならない

おまけにこの日はいい天気で、気温も上がってきたから、荷物を引っ張るのに疲れてしまった。

旅館で倉吉散策マップなどももらっていたが、もうどうでもよくなり、
写真を写す気力も失せ、次の目的地に急ぐことにした。

だが、昨夜のTVで砂丘で「砂の美術館」を開催しているというのを思い出し、
砂丘を見ることにはさほど興味はないが、「砂の美術館」はこの期間しか見られない
と思い、急遽砂丘へと向かうことにした。


エプソンダイレクト株式会社
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

kurino

Author:kurino
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。