上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローカルビジネスこそ次世代ビジネス

 ビジネスの基本は消費者がたくさんいる場所でサービスなり商品を提供することである。この基本に従えば過疎地ではビジネスは成り立たないことになる。
 ところが、あえて過疎地に出店する企業もある。彼らに共通しているのは地元密着の非拡大路線。そこが旧来型ビジネスと大きく異る。

◆「農村が都市を包囲する」戦略

 古くはイオンやヤマダ電機も地方から全国制覇を成し遂げた企業であり、彼らに共通しているのは「ルーラル出店」。ルーラルとは田園とか農村という意味で、アーバンの対義語である。
 それまでの立地はアーバン戦略で、人が多く集まる都心部に出店するのが常識で、いかにいい立地を押さえるかで勝敗が決まった。
 当時、この戦略で売り上げを伸ばしていたのがダイエーやベスト電器だったが、いまはともに見る影もない。ダイエーはかつては相手にさえしていなかったイオンの子会社になり、ベスト電器もヤマダ電機の軍門に降り、いまや細々と生きている感じだ。両社ともに市場から社名が消えるのはそう遠くない先だろう。

 逆に出店コストが嵩むアーバンを避け、ルーラルに出店して行ったのがイオンやヤマダ電機

       (略)

◆中堅グループの合併・資本提携が加速

       (略)

◆過疎地に出店する「つるや」

 経済成長時代の企業戦略は拡大路線でよかったが、高齢化社会になると市場はいやが上にも縮小していく。それでも拡大路線を取り続けるためには、市場を国外、なかでも成長著しい新興国に求めるほかない。そして多くの企業がその方向に舵を切っている。「地産地消」「二酸化炭素排出削減」という言葉はすでに葬り去られているような感さえあるが。

 そうした動きの中で、あえて地方、それも限られた地域にしか出店していない企業がある

       (略)

◆地方でも長時間営業が可能

       (略)

◆イートインと手作り料理が成功

       (略)

◆地方に移住、介護ビジネス起業

       (略)

◆地方のニーズを商品化する

       (略)

 全文は「まぐまぐ」から「栗野的視点」と題して配信しています。

 登録・閲覧とも無料ですから 「まぐまぐ」のページからお読み下さい。

 また栗野のホームページ内の「栗野的視点」でも読むことが出来ます。






いま行なっているTPP論議は間違っている。

 いま行なっているTPP論議は決定的な間違いがある。

輸出か国内農業保護かという議論になっているが、そうではない。

「アジアの熱気を日本に取り込む」と民主党は言っているが、中国が参加しない(参加する見込みが薄い)TPPで、

どうして「アジアの熱気を取り込む」ことができるのか。

なにより重要なのはデフレと世界通貨の関係の視点が抜けていることだ。

この視点を欠如したままの議論は国民を欺くだけである。

 詳細は「まぐまぐ」から配信している「栗野視点」で「TPPを考える場合に重要な視点は?」と題して

6回に渡り書いているので、そちらを一読頂きたい。


こんなEメールが嫌われる。

 いまや就活の問い合わせですらEメールで行われる時代。
ビジネスにEメールは欠かせない存在になっているが、その一方でマナー無視のEメールが増えているのも事実。
マナーの悪いEメールでは人脈も作れないし、ビジネスで失敗することも。

 では、どんなEメールが嫌われるのか。

 全文は「リエゾン九州」のHP内の「栗野的視点」で。


【送料無料】シャープ 34コンテンツ収録電子辞書 手書き入力対応 英語モデル(Papyrus) PW-LT320
【送料無料】シャープ 34コンテンツ収録電子辞書 手書き入力対応 英語モデル(Papyrus) PW-LT320

当初見込みが外れたボンラパス花畑店

ボンラパス ボンラパス花畑店がオープンして4か月あまりが過ぎたが、当初の見込みに反して集客、売り上げ共に苦戦しているように見える。
一つは平日と週末の集客に落差がありすぎたこと。
もう一つは当初想定したターゲット層の来店が週末に集中し、平日には少なかったことが影響しているようだ。
 たしかにボンラパスは既存の食品スーパーとは異なり、こだわりの商品を置いているため価格が少し高めということもあり、同店のような業態は認知されるまでに多少時間がかかるというのは分かる。
 ただ、業種のいかんを問わずスタート時にある程度の勢いがなければ後が続かない。もちろん、徐々に勢いをつけてくるものもあるが、一般的には少ない。
それだけに平日集客の見込み違いは大きいだろう。
ボンラパスの経営陣もそのことに気付いており、すでにいくつかの見直し、手直しが行われていた。

                 (以下略)

  ★ 続きは「まぐまぐ」( http://www.mag2.com/)からお読み下さい。

  ☆リエゾン九州のHP内「栗野的視点」( http://www.liaison-q.com)
   でも読めます。




tag : ボンラパス

嫁1人に婿2人--なぜそんなにモテるベスト電器

 最近、九州の女は大柄、小柄を問わずよくモテるようだ。
中身はさほどなくても、遠目にはいい女に見えるのか、それとも持参金の多さを期
待してのことなのか、あるいは親類縁者に魅力があるのか分からないが、なぜか九
州の女は東男によく持てる。
 好いた、惚れたといわれ、結婚したのはいいが、しばらくしてポイ、なんてこと
にならなければいいがと思うのは、持てない男のひがみだろうか。

 1年前には紳士服のフタタがアオキとコナカからラブコールされ、最終的にフタ
タは嫁ぎ先にコナカを選んだのはご存じの通り。
 いま同じ立場にあるのがベスト電器。
ラブコールを送っているのはヤマダ電機とビックカメラ。
最初にラブコールのサインを出したのはヤマダ電機だったが、ベスト電器は後から
サインを出したビックカメラと先頃結納を交わした。
しかし、ヤマダ電機はまだ諦めていない。
来年5月の株主総会の時に何らか仕掛けてくるのはほぼ間違いないところだが、一
体ヤマダ電機はベスト電器のどこに魅力を感じているのか。

 一方のビックカメラも最近は地方都市に攻勢をかけており、11月下旬には岡山駅
前に大型店を出店した。

 ビックカメラもヤマダ電機もついこの間まではベスト電器の競合相手である。
家電量販店はいま大きな再編の波をかぶっているが、実は以前、ベスト電器はエデ
ィオングループと統合する動きがあった。
それを蹴って自主独立に走ったはずだったが、一転、今回の統合。
かつては売り上げ日本一を誇った時代もあったベスト電器。
その同社のどこに弱点があったのか。

 詳細は当日、会場にて。

             --記--

●日 時:12月15日(土) 13:30 ~ 17:00

●場 所:農民会館(中央区今泉1-13-19)3F
       ビックカメラ(西鉄電車高架下)の裏
      1.西鉄今泉ビルの所の辻を、国体道路を背にして右へ入ると左手。
      2.国体道路・警固神社前の信号から今泉側へ入り、最初の辻を左。

●内 容:
1.勉強会「ベスト電器は生き残れるか」
    講師:ジャーナリスト・栗野 良

●例会参加は誰でも自由です。
  参加費用:会員・非会員共に1,000円。
 
●例会後、懇親会を予定しています。
   予算3,000円程度。

●例会・懇親会とも参加申し込みは事前に!


~長崎県対馬特産品~ <<海の幸5品 お試し限定品セット>>


いま買うならWindows XPパソコン。Vistaは後悔する。

 Windows Vistaは発売後1年が経つが、当初マイクロソフトやパソコンメーカー各社が想定したほどには売れていないのが現状である。購入者の大半は新しいものならなんにでも飛び付きたがるユーザーとパソコン初心者ばかりで、パソコンに詳しい中・上級ユーザーや企業ユーザーはいまだVistaに興味を示していない。

 理由は重い、最低必要メモリーが多すぎる、販売価格が高いなど色々ある。
なによりデルなどの直販メーカーはVista搭載パソコンよりXP搭載パソコンを勧めている。
特に企業向けにはXPを勧めている。

 マイクロソフトもこうした動きに屈し、新型パソコンにXPを搭載して販売する期限延長を認めた。
それどころか最近のベンチマークテストではXPの方がVistaより倍以上処理スピードが速いという結果まで出てしまった。
それでも販売員の口車に乗ってVista搭載パソコンをパソコンを買う、何も知らない消費者達。

   全文は「栗野的視点」のHP
  「VistaからXPへのダウングレードが進むWindowsパソコン」
  を一読下さい。


画期的な四軸織物を世界で初めて開発した企業物語

 岡山県倉敷市の織物会社・明大㈱はそれまでの2軸織りに代わって全く新しい4軸織物を世界で初めて開発したことで有名だが、その道のりは決して平坦ではなかった。
それでもひたすら研究を重ねついに開発し、その製品はNASAや自動車産業、開閉式ドームの天幕や耐震補強材として使われ始めている。
その開発物語を2度に分けて紹介している。

 全文はリエゾン九州のHP内の「九州・岡山の技術」に収録。



カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

kurino

Author:kurino
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。